攻略対象たちが悪役令嬢の私を熱く見つめてきます!

夜明けのワルツ

婚約者は王子さま

「こ、こんにちは……」


「やあ、メアリローズ」


王子は応接間にいた。友人に見せられたあの画像通りの容姿で窓辺にたち、理紗に事務的なあいさつをしてくる。


だが少し様子が変だ。


あのキラキラエフェクト満載の微笑みがない。


「あの…今日はどういったご用件で?」


「婚約者の顔を見るのにいちいち理由がいるのか?」


「は?」


そりゃいるでしょ。と理紗は思った。このひと用もないのに何しに来たの?


困惑する理紗に王子はため息をつき、歩み寄ってきた。
思わず一歩後ずさるとピタリと足を止める。いぶかしげな表情。


「メアリローズ? 今日はなんだか様子が変だな」


「そうですか? ああ、そういえば少し具合が悪いんでした。そうでした。では今日はこれで」


なんか面倒くさ。


ぐるりと目を回しさっと背を向け立ち去ろうとすると、いきなり肩をつかまれた。


「ひゃっ!」


突然のことに飛び上がって驚くと、王子がまじまじと理紗を見つめている。
肩に置かれたままの手を振り払った。


「いきなりなんなんですか!」


「…すまない。公園へ散策に出掛けないか?」


「はあ?」


散策ってぶらぶらすることよね。
つまりデートのお誘いってわけ?


「具合が悪いって言いましたよね」


「だが嘘だろう?」


まぁそうですけど。


「気が乗りませんので。失礼」


スカートを持ち上げ身をひるがえす。
部屋を出る前に振り向くと、王子は驚愕の表情で理紗を見ていた。


にっこり微笑んでやる。


「あと婚約は解消したいと思います。──お互い乗り気じゃないでしょう?」















「攻略対象たちが悪役令嬢の私を熱く見つめてきます!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く