攻略対象たちが悪役令嬢の私を熱く見つめてきます!

夜明けのワルツ

気がつけば異世界





シャッとカーテンが引かれ、差し込む日差しに理紗は顔をしかめた。
寝返りをうち、寝具を頭の上まで引き上げる。


だれよ…勝手に……と思いハッとした。自分は独り暮らしだと思い出したからだ。


「お嬢様、お目覚めですか? さぁさぁ起きてくださいまし。本日はピアノと声楽のレッスンがございますよ」


「お…お嬢様?」


おそるおそる顔を出すと、メイド服に身を包んだふくよかなおばさんがいた。


え、誰この人。


とまどう理紗にかまわずおばさんは次々とカーテンを開けていく。


その光に満ちた室内に目をみはった。


おそろしくクラシカルでゴージャスな部屋だった。
まるで中世ヨーロッパの貴族の寝室のようだ。


いやこれ絶対夢だわ。


ぽかんとしながら理紗は思った。だって自分は中堅企業に勤めるアラサー事務員なのだから。


意を決してベッドを降り、おばさんがどこからか持ってきたドレスに着替えた。赤いシルクタフタのずっしりと重いドレスだ。サイズはぴったりだが全然趣味じゃない。


椅子に座らされ、髪を丁寧にくしけずるおばさんに思いきって話しかけた。


「あの…」


「なんでしょう?」


「お名前を伺ってもいいですか?」


「ほほ、なんですかお嬢様。ドロレスでございますよ」


「ドロレスさん」


「さん付けなんてめずらしい。一体どうなさったんです?」


楽しそうに話すおばさんに理紗はなんでもないとつぶやいた。


そして次の瞬間息をのんだ。


「まぁた何かよからぬことをお考えで? メアリローズさま」

















「攻略対象たちが悪役令嬢の私を熱く見つめてきます!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く