攻略対象たちが悪役令嬢の私を熱く見つめてきます!

夜明けのワルツ

乙女ゲーム





「くそっ、メアリローズめ! まだ諦めてないのっ?」


会社の社員食堂。
そこでスマホ片手にうなる友人に理紗は冷めた目を向けた。


「ながら食いはみっともないよ」


「だあってメアリローズが!」


「誰よそれ…。いい。なんとなくわかるから説明しないで」


「この女マジむかつくのっ」


アラサーにもなって乙女ゲームにハマリまくっている友人に理紗はため息をついた。


この子大丈夫かしら。


「それってそんなにおもしろいわけ」


「もちろん。理紗もやろうよー。絶対ハマるよ?」


「いや私はいい」


「なんでよっ。食わず嫌いは損するよ? 見てホラこれ」


ずいっと目の前にスマホをつきつけられ、理紗はのけぞった。


画面にはキラキラエフェクト満載の金髪ロン毛の貴公子が、爽やかな笑顔で理紗を見つめている。けっ。


「悪いけど趣味じゃない」


「うっそー。エドアルド王子めっちゃかっこいいじゃん! 理紗目ぇ腐ってんじゃないの?」


「それはあんたの脳みそよ」


「えー。まあ確かにちょっととろけてるのは否定できないわ。あー、チョーかっこいい…」


スマホを胸に抱き、うっとりする友人に理紗は吹き出した。



















「攻略対象たちが悪役令嬢の私を熱く見つめてきます!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く