旧 ペットショップを異世界にて

すかい@小説家になろう

ミーナ

 一通り落ち着いてからも、やらなければならないことは山積みだ。と、いうのはあくまで関係者だけの話。
 冒険者としてやった方が良いこともあるんだろうが、流石に疲れた。


「本当は今一番早く動ける人間って、アツシだから、皇国への状況説明に行って欲しかったんだけど」
「勘弁してくれ……」


 確かにいま竜やトパーズという移動手段を持つ人間は希少ではあるが、いくらなんでもキャパオーバーだ。
 流石にこれ以上店を開けることはできない。世話が必要な生体もいるからな。


「ま、貴方に任せるのは何か嫌な予感もするし、別の人間に行ってもらいましょうか」
「それはそれで心外だけど、まあそこに張り合って生かされることになるのは嫌だし、甘んじて受け入れる」
「別にアツシに問題があるわけじゃないんだけどね、まぁいいわ」


 その後も慌ただしく各地に指示を出して回るミーナだったが、いつの間にかギルド自治区を離れ、城へ戻ったようだった。
 森にはしばらく帝国の騎士たちが置かれることになり、ギルド側からも低ランク帯の入場規制をかけて対応することになった。
 餌の都合があるから完全封鎖じゃなかったのはありがたいな。





「旧 ペットショップを異世界にて」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く