旧 ペットショップを異世界にて

すかい@小説家になろう

プロローグ

 ペット屋の朝は早い。


 朝日とともに目覚める黒い鳥。漆黒の羽根に覆われた身体の中、青白い眼だけが輝きを放つ。 
 かっこ良さげに言ってみたものの、端的に特徴を説明するなら、黒いニワトリだ。


 こいつをはじめとして、陽の光と共に活動を始めるような魔獣は多く、店内はこんな時間でもいつも通り賑やかだ。 


「よお、今日も早いな」 
「コケ」 


 言葉が通じているかはわからないが、何となく返事が返ってきてるようで可愛い。 
 水と餌を交換、ついでに卵も確認するが、今日も産んでいない。 


「ニワトリみたいな格好してるくせに、一向に産む気配がないなぁ?」 
「コケ?」 


 首を傾げながら話しかけると、黒いニワトリも同じように首を傾げる。愛くるしいその仕草に応えるように一撫ですると、目を細め気持ちよさそうにして応えてくれた。


「悪いけど、お前ばかりに構ってるわけにいかないからな」 


 広くはない店内に、所狭しと並べられた生き物たち。この全てを朝のうちにメンテする。餌は種類や日によって変わるが、掃除や水換えは朝のうちに全て済ませたほうが楽だ。 


「爬虫類を増やしたのは良かったな。圧倒的に哺乳類より世話が楽だ……」 


 この世界にペットの問屋はいない。ともすれば自分がそのような立場になりそうな感じすらある。 
 ブリーダーは各種、趣味の延長程度で増やしてる人がいるので、そういった人たちから買い取って店頭に並べることもあるが、基本的には、ワイルド個体を"テイム"したものが商品になる。どうせ仕入れるために野生動物や魔物のすみかへ行くことになるので、冒険者としても活動しながら店を営んでいた。 
 正直、収入のメインは後者に傾いているのが複雑なところだ。 


「さて、外のやつらも見に行かないとな」 


 動物たちがいるのは店の中だけではない。この世界のペットの需要は、愛玩よりも“パートナー”としての性質を求められるので、店の外にいるやつらの方がメインとも言える。
 “パートナー”とはつまり、共に戦える相方である。直接魔物と戦うものもいれば、罠探知や飛行能力を利用した冒険の手助けを行うサポートタイプ、手紙を届けさせる使い魔のようなものなど、様々な用途で“パートナー”は活用されている。
 うちでも需要に合わせた様々な用途の魔獣を取り揃えている。この取り揃えはうちの店の数少ない自慢の一つだ。 


「ただ、さすがに人に手を出した覚えはない」 


 店の前には少女が眠っていた。 








 よくよく見ると少女の服装には見覚えがある。あくまで服装だけだが。 


「セーラー服?」 
「ん……?」 
「あ、起きたか?」 


 顔は、やっぱ知らんな。こんな可愛い知り合いはいなかった。 


「とりあえず中に入るか……?」 
「ここ、どこ?」 


 何となく懐かしい光景に顔をほころばせながら、少女を店内に迎え入れた。 






「すごい!可愛い!ここは天国なんですか!?」 


 完全に目を覚ました少女は、店内の動物たちに大興奮のご様子だ。 


「気に入ってくれたかい?」 
「あ、あの……」 


 動物たちに開いていた心は、俺を前にして再び固く閉ざされてしまう。


「君は店の前に倒れていたんだけど、何か覚えていることはあるか?」 
「えっと……」 


 言葉に詰まる。それなら、こちらから質問をしていきながら現状を確認してもらおう。 


「まずは、名前は言えるか?」 
「赤峰ほのか」 
「赤峰さんか。ああ、悪かった。俺の方も名乗らないとだよな。アツシと呼んでくれ」 
「アツシ?」 


 いまだに警戒心を剥き出しにする少女との会話を何とか成立させる。 
 見た目は一般的な学園生だろう。肩より少し長いくらいの黒髪、この世界では珍しい黒い瞳、顔立ちは幼く見えるが、十代半ばは過ぎているだろう。幼く見えるのは、“同郷”の人間に見られる特徴の一つだ。


「日本人、であってるか?」
「そうです……。えっと、ここって……」
「この店内の動物を見ただけで何となくわかったと思うけれど」 
「ここは、異世界、なんですね?」 
「お?理解が早いな……」 


 俺の時はこの事実を飲み込むのに三日かかったというのに。 


「目が覚めたらここにいたって感じだよな?」
「そうです!それで……えっと……」


 目が覚めていきなり見知らぬ土地で見知らぬ生き物に囲まれたってわけだな。
 対応を間違えたかもしれない……。


 今の日本がどうなっているのかとか、俺がいなくなったことについて何かニュースはあったかなど、色々と聞きたいことはあったが、まずは彼女を落ち着かせるべきだろう。 


「ここは異世界だけど、俺も日本人だ。こっちに来て5年くらい経つのかな?」 
「5年……そうなんですね……」 


 しまった……。俺からすれば些細なことになっていたが、5年かかって元の世界に戻れていないという事実は伝えるタイミングを考えるべきだった。


「突然こんなことになって戸惑っているとは思うけど……できる限りのフォローはするし、えーっと、そうだな……俺はあんまり帰る気がなかっただけで、帰る手段も……」 
「アツシさん、で良かったんですよね?私をここで働かせてください!」 


 俺の想像より、少女はタフだった。 


「ほのかって呼んでください。後、この動物たちのお世話のやり方を教えてください」 
「お、おう……」
「えっと……それから……」


 終始おされぎみのまま、なし崩し的に彼女を雇うことになった。

「旧 ペットショップを異世界にて」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く