転移した先はみんなとは別の場所だった!?(仮)

ちぃびぃ

力の解放

「クイファさん、エレンさん!」

「あ、りゅー待って!」

劉は2人を見た途端、ナノの制止を無視してすぐそちらに向かった。

「大丈夫ですか!」

「りゅーさん!?」

クイファは劉が来たことに驚いた。エレンも声は出ていないが、驚いているようだ。

「なんで……」

「なんで来たの!」

クイファが聞こうとしたら、エレンが声を被せてきた。

「なんでって……」

「あんたは人間でしょ!?なんで人間の味方をしないの!?」

「襲われてたし……」

「そんなの関係ない!人間は、人間は……っ!」

「落ち着きなさい、エレン」

劉を今にも殴りかかりそうなエレンをクイファが宥める。

「今は怒る時ではありません。助けに来てくれたのですから、まずはここを突破しないと。りゅーさんはそちらから援護してください!」

「分かりました!」

僕はクイファさんに言われ、正面にいる人達と対峙する。

「てめぇ、人間なのにあいつらの味方なのか?」

「あぁ、そうだ」

「なら、てめぇも敵だ。ガキだからって容赦しねぇぜ」

そう言って3人が僕の方へ向かってくる。

(魔物や魔獣は沢山倒したけど、人間相手は初めてだ。できるのか?いや、やるしかない!)

僕は覚悟を決めて魔法を放つ。

「ウィンドボール!」

「がぁっ!」

目に見えない風の塊が敵の1人を吹き飛ばす。だが、残りの2人は間合いまで入ってきてしまった。僕は2人同時に相手をしなくちゃいけない。

「くっ」

ギィンと1人と剣が交わる。

「2人相手はしたことないだろ。さっさとくたばれ」

後ろから気配がした。僕は横に転がった。

「ちっ」

敵2人が僕を挟むようにして向かってきた。

「ダークボール・ダブルホーミング!」

僕が撃った2つのダークボールは2つとも避けられるが、背後からまた追撃する。

「鬱陶しいっ!」

敵が1つ目のダークボールを斬った。だが、まだ1つ残っている。しばらくは時間を稼げる。僕は残った1人に剣を向ける。

「はぁっ!」

僕は剣で相手を斬ろうとするが、避けられて当たらない。

「魔法は中々だが、剣術はまだまだ素人だな」

そう言われ、腹に拳をいれられる。

「がはっ」

僕はそのままがくりと膝を付く。後ろを見るともう1人もやって来ている。

「安心しろ。痛みを感じないまま殺してやるよ」

そう言われたとき、僕の中で何かが聞こえた。




『まだ死にたくないだろ?』

僕はその声に頷いた。

『なら、解放するんだ』

解放ってなんだ?どうするんだ?

『教えなくても、お前ならもう分かっているだろ?』

僕はそれに何も答えない。

『早くしないと全員死ぬぞ』

っ!それはだめだ。でも、これ・・を解放すると自分じゃなくなる感覚がする。しかも制御できる自信がない……

『大丈夫だ。今回は盗賊を全員殺すぐらいで止めといてやるよ。お前が制御できるまでは出てくる気なかったからな』

信じてもいいのか?

『それはお前が決めることだ』

分かった。僕はこれ・・を解放しよう。みんなを守るために。




盗賊の頭がガキの首を斬ろうとすると、ガキから黒い霧が出てきた。

「なんだ、これは?」

まだ動けるのかと思ったが、動く気配がない。

「まあいい」

そのまま剣をガキの首に落とす。

「なっ!?」

振り落とした剣はガキによって掴まれた。素手で・・・

『はぁ、やっと動けたぜ』

ガキが立ち上がった。でも、なんか気配がおかしい。さっきとは別人だ。

「まだ、動けるとは大したもんだな」

『あ?』

「っ!!!」

ガキがこっちを睨みつけてくる。その瞬間感じたことのない重圧が寄ってきた。

(こいつはやべぇ。死ぬな。逃げねぇと)

そう思い、足を動かそうとするが、動かない。

「?」

見てみると、下半身がなかった。そう認識した瞬間、脳に痛みがきた。

「ぐあぁぁぁっ!!」

(こ、こいつ痛みも感じないほど速いのか!?)

そうして意識が途切れた。

●●●

『久々すぎて訛ってるなやっぱ』

剣に付いた血を振り払うと、後ろから気配がした。劉の身体を借りたなにか・・・は振り向かずに斬った。

『次はあいつらか』

なにか・・・はそう言ってクイファとエレンがいるほうに向かった。

●●●

クイファとエレンはぎりぎりを保っていた。50人近い盗賊達を相手に戦えるのはさすが女王2人といったところ。

「はぁはぁ……」

「ぜぇぜぇ……」

だが、そろそろ限界なのだろう。そんなとき盗賊の後ろから爆発が起こった。次々と盗賊達が殺られていき、全滅した。クイファとエレンが奥を見るとそこには劉が立っていた。



作者からのあとがき
めっちゃ遅くなってすみません!更新はしばらく早めにしていく予定なので、これからもよろしくお願いします!!













「転移した先はみんなとは別の場所だった!?(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く