転移した先はみんなとは別の場所だった!?(仮)

ちぃびぃ

悪神

「悪神とは魔王も恐れる存在です」

「魔王よりも上ってことですか?」

「そうですよ。昔はこの世界に悪神がいました。でも悪神は姿を消してしまいました。理由は全く分かりません。姿を消した悪神の代わりに魔王が誕生しました。魔王や魔族は悪神を崇拝しています。」

「魔王も?」

「魔王が誕生するまでは悪神が世界を支配していましたからね。だから悪神に倣い、魔王が世界を支配しようとしているのです」

「じゃあ、魔王はただの真似事がしたいだけ?」

「真似事……ですか。ふふっ、その通りかもしれませんね」

「っ!」

クイファさんが笑った顔はとても綺麗だった。

「そ、そんな笑わないで下さいよ」

僕は照れ隠しでそう言った。

「世界の支配を真似事なんて言う人に会ったのは初めてですよ。りゅーは面白いですね」

「そんなことは……」

「むぅ〜っ!」

隣に居たルゥが突然怒り出した。

「どうしたのルゥ?」

僕は突然怒り出したルゥに視線を向ける。

「りゅーがお母さんとイチャイチャしてる〜!」

「イチャイチャなんて……普通に話してるだけだよ」

「じゃあ、なんでそんなに親しいの?」

「え?」

(そういや、クイファさんは結構親しみやすいな)

ルゥに聞かれてしばらく呆ける。

「ねぇ、なんで〜?」

ルゥがしつこく聞いてくる。そんなしつこいルゥに僕は疑問に思ってることを聞いた。

「てか、なんでルゥはそんなに怒ってるの?」

「えっ!そ、それは……」

僕が聞くとルゥは僕から距離を取り視線を泳がせる。
立場が逆になった。

「ルゥは嫉妬しているんですよ」

ルゥが口ごもっているとクイファさんがそう言った。

「お母さん!」

ルゥが大声で叫ぶ。

「嫉妬なんてあるわけ……」

「ふふ、それはどうでしょうか?」

クイファさんが意味深に微笑む。

「また、イチャイチャしてる〜!」

「だからしてないって」

「私だけ仲間外れ……」

エレンが落ち込んでいた。

「あら、ごめんなさいねエレン。つい、楽しくて」

「まあ、いいけど。それより早く続き話さないとダメなんじゃない?」

「そうね」

クイファはりゅーに真剣な眼差しを向ける。それを感じた劉は姿勢を正す。

「たしか悪神の話はしたので次は悪神という職業について話しましょうか。悪神という職業は悪神がいなくなってからは誰もその職業は持っていませんでした。特殊な職業はその者が死ぬか明け渡すことでしか発現しません」

「ということは悪神は死んだ?」

「そういうことになりますね」

「特別な職業ってどんなのがあるの?」

「有名なのは勇者や魔王、他には女神や神子みこもそうですね」

「「神子?」」

僕とルゥが首を傾げる。

「神子とは人間だけが持てる職業です。神の声、神託を受けることができるのです」

「「へぇ〜」」

僕とルゥが声を揃えて感心する。

「仲がいいですね。……勇者や魔王、神子の職業は何百年に1度しか現れないので珍しいんですよね。かつての勇者が子供を作っても勇者の職業は得られないかもしれないんです」

「渡すことも出来ないんですか?」

「それは無理ですね。何度か試してみたみたいですけど成功はなかったようです」

「じゃあ、ランダムに選ばれるのかな?」

「私が思うには適性だと思います」

「適性?」

「この人にはこれが向いている、と選ばれてるのではないかと云われています。職業は基本的には受け継がれるものですが特殊な職業は受け継ぐことができませんからね」

「なるほど」

「悪神や職業についてはこんなものですね。他になにか知りたいことありますか?」

クイファさんが僕に聞いてくる。

「スキルってどう使うんですか?」

「転移した先はみんなとは別の場所だった!?(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く