異世界デスゲームはスキルと共に

すぐ

アサシン・エスケープ(4)

「木下さん...?」
「はい。あの、お願いがあって...」
「...お願い...?」
「えっと、言い難いんですが。」
彼女は、覚悟を決めた表情で、
「私を殺してくれませんか?」
そう、願ったのだった。



山西健吾郎は新美天を探していた。あの二人のバトルを止められなかった彼は、マルティが今回で死ぬと言っていた、新美天の居場所を見つけ、助けようと考えたのだった。
「じきに、助けが来るはずだ。」
彼は、助けを待っていた。
「いつかきっと、助けが。」
彼は、ふと思い出した。そういえば、長谷川君は端末の画面を挙動不審だった。アサシンは彼じゃないのか。
「く、くそ、わしがアサシンなら、誰も殺さずに!」
そして、彼は新美天を、見つけた。
「おい、お主!」
天は、一瞬ビクっとしたあと、山西を盗み見て、走って逃げてしまった。
「くそ、わしの見た目が悪いのか!?」
......彼から見て、アサシンかもしれないからである。

「異世界デスゲームはスキルと共に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く