異世界デスゲームはスキルと共に

すぐ

エピソード1の終わり

「それにしても、○○○○○様、わざわざご自分でデスゲームに参加されなくても良かったのに。」
猫仮面が話しかける。
「..............」
「無言、ですか、私の言葉、聞こえてるんですよね?まあ、それはそうと、あなたはこの計画の要なんですから、間違っても、他のプレイヤーに殺される、なんてことは、やめてくださいよ?」
「...............」
猫仮面は、無言の○○○○○を見て、やれやれという素振りで、消え去った。

そう、プレイヤーの中には、主催者側と通じる者が、混ざっていた。これがこの先どう波乱を及ぼすのか、誰も知り得ることはない。

「異世界デスゲームはスキルと共に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く