異世界デスゲームはスキルと共に

すぐ

ペア・レイド(7)

あの猫の攻撃力は大して強くない。弱点さて見つかれば一気に逆転できるだろう。
「蓮くん!風で私を上に飛ばして!」
「分かった!いくぞ...」
彼女は宙をまい、猫の顔面の所までたどり着いた。
「私の一撃!ここだぁーーーー!」



結論から言おう。
呆気なく勝てた。彼女の電撃が猫の眼球を貫き、それを2回繰り返し敵を絶命させた。彼女の判断が功を奏したのだ。
「ありがとう、蓮くん♪」
「こちらこそありがとう、星野さん。」
「唯依でいいってー♪てゆーか、星野って言いづらいでしょ?」
「そうでも無いけど...ありがとう、唯依さん。」
「んー、さんもいらないけど、まぁいいや♪あとは、干支ちゃんが無事にクリアするか、だよね...」
「きっと、彼女も大丈夫だ。」
「また、きっとじゃん...でも、そうだといいね♪」
かくして、蓮は、星野唯依とペア・レイドをクリアし、次のデスゲームへと勝ち進んだ。

「異世界デスゲームはスキルと共に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く