異世界デスゲームはスキルと共に

すぐ

デスゲーム・ルール

山西健吾郎との会話が終わるとすぐに、あの猫の仮面の男が現れた。
「皆さん、お集まり頂けたようですね」
辺りがざわつく。
「おいゴルァはよぅ元の場所に戻せゃ」
「これからどうなるんですか!?」
猫の仮面の男は咳払いをし、
「静粛に、さもないと殺しますよ?」
と言うと、辺りは静まり返った。
目の前から消えたりする奴が相手だ、無理もないだろう。
「はてはて、皆さんにはこれから5つのルールをお教えします。しっかりと、よく、聞いてくださいませ。」
そこで猫の仮面の男が告げたルールは、このようなものだった。



1、1人になるまでデスゲームを続ける

2、一定の期間のデスタイムを設ける

3、デスタイム以外での殺しを禁じる

4、個人個人に配布されたスキルを使用してよい

5、楽しいデスゲームを過ごす



やはり生き残れるのは1人だけか、こういうゲームのお約束...か。
長谷川蓮は気付いていない。この後すぐに死亡者が出ることに。

「異世界デスゲームはスキルと共に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー362747

    これからの登場人物や展開が楽しみです!
    初投稿作品、完結まで頑張ってくださいね!

    2
コメントを書く