異世界デスゲームはスキルと共に

すぐ

プロローグ

「皆様には、これから殺しあっていただきます。」
そう告げたのは、
猫の仮面の男だった。



なんでこうなったかって?
そんなのこっちが聞きたいくらいだ。
コンビニを出て家に帰る途中、
現実への不満を呟いてただけなのに、
いきなり視界が真っ暗になって、気がついたらよく分からない場所にいた。そこで出てきたのがこの猫の仮面の男だ。
「こんにちは、長谷川蓮くん」
猫の仮面の男は何故か自分の名前を知っていた。
「なんで俺の名前を知っている!ここはどこだ!元の場所に戻せ!」
「それはできない相談ですね。元の場所に戻るには、私の出した条件を呑んで頂く必要があります。」
「...条件を言ってみてくれ。」
猫の仮面の男は、笑いながら、
「それは、この世界で生き抜くことですよ」
その笑い声は、実に不気味で、これから起こる絶望を暗示しているように思えた。

「異世界デスゲームはスキルと共に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く