異世界でバイオハザード

チーズフォンデュ

置土産

冒険者ギルド、パトレル支部では会議が行われていた。

「まさかな…。こんなことが起こるとは…。」

ギルド長のグランがそう呟く。場所はパトレル支部のギルド内の二階で行われている。そして丸いテーブルを囲んだ十人の人間が顔をしかめていた。

「とりあえず、現状を確認しましょう。」

そう答えるのはA級冒険者の《一閃》のレイだ。彼の身に纏う装備は金色に輝くプレートでこの装備だけで国が動くだけのお金がかかる。そして彼は金の髪に金の目をしたまさに黄金の男だ。

「では最初から話を戻すとガゼル組合の会長であるガゼル・エンターがシャリン山に眠る鉱石を求めて開拓を進めるとゴブリンキングが見つかったと。そこでゴブリンキングの討伐を依頼したガゼル会長により新たにC級にランクアップしたパーティー《朱雀》が討伐に向かう…、が、失敗に終わる。しかし問題は彼らの生死を確認に行った者たちは彼らの死体を一人も見なかったという。そこで考えられるのは彼らが突然逃走した、またはユニーク個体のゴブリンに食べられた、そもそも他の人食い魔物にやられた、そしてギルド長が考えていた何者かにやられた…というところでしょう。そしてギルド長は熟練のパーティーである《輝石》の二人にもう一度ゴブリンキングの討伐に向かわせた。それも裏に誰かがいるかも知れないという情報を教えて。だが《輝石》は戻らなかった。そこでギルド長はA級の冒険者に向かわせたがそこには《輝石》の姿はなく、しかしゴブリンキングは存在しており、無事に討伐され問題解決と思いきや、その横にある死怪山の洞穴に《輝石》の死体が見つかり、中は人が住んでいたと思われる物や研究者である物が数多く見つかった。これでわかる通り、《輝石》を殺したのは何者かであると言うことです。…そして今直面している問題はその地下に入っていた人のような形をしたバケモノがおり、調査隊が確認しようとして牢獄のドアを開けると一人の調査員を残して全滅。逃げ切った調査員はすぐにギルドに伝えるがその怪物は今シャリン山で暴れているとのことで、まもなくこの辺境パトレルに降りてくるそうです。」

長々と事情を話すのはギルド長の補佐であるエイデだ。眼鏡をかけたポニーテールの女でキリッとした印象の女だ。仕事のできるオーラを出している。

「で、そのバケモンってのは強いのか?所詮C級のパーティーがやられただけじゃ俺たちを呼ぶ必要ねえだろ。」

荒々しい言葉を吐くのはB級の冒険者のゼバだ。パーティーがB級ではなく、ゼバ自身の冒険者のランクがB級であり、実力はB級パーティーと同じという事だ。単体でB級のパーティーたちと互角かそれ以上を表す上位の冒険者だ。背中には大きな斧を背負っており、ダンディなヒゲと分厚い胸板が特徴的だ。

「お前たちを呼んだのはもちろんそのバケモノが推定A級の魔物と同じほどの脅威だと思ったからだ。」

ギルド長であるグランは重い顔つきで言い放った。

「おいおい、いくらなんでもそりゃ高く見積もりすぎでしょ!!所詮調査隊だってD級パーティー程度の実力っしょ!そりゃボロ負けするじゃないっすか。」

B級パーティー《湧い連》のリーダーであるサシュがA級脅威として発令されたことに驚く。サシュは赤髪に所々に金髪の入った地球でもほとんど見たことのない見た目をしている。ニット帽をかぶってるチャラ男のような姿で装備は軽さを重視された革製を使われている。

「……そこにはあのB級パーティーの一人であるルマンドにも行ってもらっていたのだ…。」

グランの言うことに全員が驚き、顔を歪める。

「バカな!!ルマンドと言えば《颶風》のパーティーのリーダーで実力はルマンド一人でB級ほどの実力だぞ!!」

「それが本当だとしたら、A級ほどの脅威は事実、いや最悪AA級まで考えられるぞ。」

ルマンドの紹介をしたのはカルパッチョス、この辺境パトレルの大貴族だ。膨らんだ顔に大きなお腹が出ている男で貴族らしい赤と白の服装で帽子を被っている。

そしてその次に話した人物はランクA級冒険者のサテライトだ。過去にドラゴンの亜種であるワイバーンを倒したことから竜殺しと呼ばれるほど強い。虹色に輝く片手剣を腰に付けており、装備は黒色のプレートで身を纏っている。彼の左手には黒色の包帯で巻かれており、本人はこの包帯を取ると禁断の力が開放すると言っている。

「ともかく、今僕たちに出来ることはそのバケモノを倒すことだけなんでしょ?なら話は決まったでしょ…。誰が一番早く倒せるかってね!!」

そう軽々と言い放つのはこのパトレルで1番の実力者と言われるAA級の冒険者、《翡翠》のラリス・ユリアードである。




「異世界でバイオハザード」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く