異世界でバイオハザード

チーズフォンデュ

戦いは非情

「またこのパターン?」

はあ…この人たちが入ってきた時からなんか見たなぁとは思っていたけどまた死霊使いとか言われるしデジャウだ。別に僕は禁忌と言われている死霊魔法使いなんて使ってないし、逆に人類の革命的発明と言っていいほど素晴らしい研究の実験を行ってきただけのに…。

「グワアアアアァァァァァァァァァ!!」

するとなぜかZ−0号が僕に向かって襲いかかってきた。

「ちょ、ちょっと!え!?」

僕はZ−0号から逃げる。Z−0号は足が遅いのでいたちごっこが始まった…。

「あれ?イース、死霊使いって自分の使役している死者を操ることができなかったっけ?」

女の冒険者は小さな声でヒソヒソと話し始める。

「確か、そのはずだけど…。もしかしてこの人大したことない?」

聞こえてるぞ!!いや、たしかにZ−0号は知能が低いから僕の命令に従わないけど命令に従う成功例も存在するんだぞ!あ、ちょっとやばい!このままじゃやばい!

「ちょ、ちょ、止めて、待って!!うわあぁぁぁぁ!!」

Z−0号は僕に追いつき、その強靭な顎で僕に噛み付いて来ようとすると

「グワワアアァァァァァァァァァァ!!」

僕の後ろからいつのまに現れたZ−8号であるバーサークがZ−0号を殴り飛ばした。

「…はぁ…。助かった…。さすがZ−8号だ!やはり君は優秀だよ。」

本当に危なかった…。死ぬかと思ったけどZ−8号に僕を守れと言っておいてよかった。よし、さっきまで僕の悪口言ってたけど絶対許さないぞ!

僕が冒険者の方を見てみると…。

「な、な、何よあのバケモノ!!」

女の冒険者はZ−8号の姿に驚いたような顔していた。

「あ、あんなバケモノをこいつは従えていたのか…。自分の使役している死者に襲われてる残念なやつだと思っていたのに…まさかこんなバケモノを従えていたなんて…。」

え?なんか地味に貶されてない?驚いたフリして僕のことバカにしてるよね?

「グワワアアァァァァ!!」

僕が考え事をしているとZ−0号が今度は冒険者に襲いかかった。

「ちっ、まずはこいつを片付けよう!!」

「わかったわ!イース、離れて!」

すると女の冒険者は腰にぶら下げている片手剣を握り、Z−0号に走り出した。

「《天剣乱舞》!!」

剣を腰から抜き、ものすごい速さで剣を振るう。それはいたるところに乱雑に振るっており、自分でもコントロールはできていないようだ。だがそれでも威力は高く、様々な実験道具を切り刻んでいく。

「ああ…僕の実験道具が…。あれ作るの1ヶ月はかかるのに…。」



「やったっか!?」

男の冒険者が思わずその禁断のセリフを言ってしまう。

「グワアアアァァァァァァァァ!!」

「そ、そんなバカな!リリーフの《天剣乱舞》が効かないなんて…。」

Z−0号は多少の傷を負ったが耐力の高さが自慢のB.F.Wにはそんな攻撃程度では動きを止めない。Z−0号は女冒険者に嚙みつこうと口を大きく開けるが…。

「うおおおぁぁ!!」

男の冒険者が真っ黒な剣でZ−0号の口に剣を当て、防いだ。

「助かったわ、イース。けどこのバケモノ、意外と手強いわね…。」

「ああ…、だがこいつは所詮、雑魚だ。本当のバケモノはあっちにいるんだからね…。いっきに決めるよ、リリーフ!!」

「わかってるわよ!」

そう言うと男の冒険者はZ−0号から一歩後ろに下がり、剣を戻した。そして男冒険者と女冒険者が剣を重ねた。

「「《双天剣斬》!!」」

冒険者は声を合わせてそう言い放ち、男冒険者はZ−0号の左側に走り、女冒険者は右側に走った。そしてZ−0号の横を通る時に斬撃を入れ、さらにそのままZ−0号の後ろ側に走り、また斬撃を入れる。 すると次は二人はZ−0号の頭の上を飛び、斬撃を与える。サーカスのように色々な動きをしていく。徐々に速度を上げていき、何度も何度も息のあった攻撃により、切り刻まれていき、冒険者たちは元の位置に戻ったところでZ−0号は倒れた。

「Z−0号ーーーーー!!!!…ど、どうしてだよ…、まさかお前がやられるなんて…。」

「ふんっ、こんなものよ。私たちにかかればこんなものよ!覚悟しなさい。次はあなたの番よ!」

「…プッ、プハハハハッハハハハハハハハハ!!いやいや、次は僕の番だ〜?そんなわけないですよ。だいたいあなた方が倒したZ−0号は僕の作ったB.F.Wの中でも失敗作ですよ。ちょっと言ってみたい言葉ランキング10位の言葉を言ってみただけなのに、そんな勝ち誇った顔されても困りますよ。」

「何!?こいつが失敗作だと…?嘘をつくな!!どうせ自分の命令に聞かなかった死者だから失敗作って言って誤魔化そうとか思ってるんだろう!そんなことはすでにわかっているんだよ!!この間抜け死霊使いめ!!」

やっぱり僕のことバカにしてるよねコイツ!?そんなしつこくその話持ち出すかな普通?もう終わった話じゃん!!何で何度も何度も言ってくるのコイツ!?これで確信したわ…わざとコイツは俺をディスってきていると…。

「うるさいな!本当に失敗作だって言ってるじゃん!…なら分からせてやりますよ。いけ!Z−8号!!奴らを倒せ!」

Z−8号は相変わらず何も言わずに冒険者たちに向かって歩いていく。

「きたぞ!コイツさえ倒せば死霊使いは終わりだ!」

「そうね。コイツはもしかしたら闇の組織である《ヤタガラス》について何か知っているかも知れないし、必ず捕まえるわよ!!」

《ヤタガラス》?聞いたことがないな…。やはり僕がいなかった6年の間に何やら進んでいるよだ。そもそも研究に使う情報以外は聞いてこなかったし、世間の常識や知識は知らないため、知らないだけかもしれないが…。

そうこう考えている間にZ−8号は冒険者の前まで行っており、4メートルはある巨体の拳が冒険者に向かって殴りかかる。

「避けろっ!!」

冒険者たちは避けられたもの、Z−8号が拳をぶつけた地面は割れており、ちょっとした穴ができているのを見て体がすくんでいるようだった。

「な、なんて力だ…。もしこのバケモノの攻撃を受けたら…。」

男冒険者はZ−8号の拳を受けた場合のことを考え、足が背筋が凍る。

「はあああ!!」

女冒険者はZ−8号が拳を地面につけている隙に剣を横に遠心力を加えた攻撃を入れようとする。

が、Z−8号は瞬時にもう片方の腕で女冒険者の頭を掴み、男冒険者に投げる。

「きゃああああぁぁぁぁぁぁ!!」
「ちょ、うわあああぁぁぁぁ!!」

二人はよく吹っ飛び、5メートルほどの吹っ飛ばされた。

「どうだ!失敗作とは違うだろう!!」

「くそっ…、強い…。」
「ええ、悔しいけどあの最初に倒したバケモノは本当に失敗作のようね。」

当たり前だ。最初から言ってたんだけどこの人たちはようやくわかってくれたみたいだ。

「Z−8号!どちらか一体は生かして捕らえろ!」

「な、何!?」

流石にこのままではいずれA級、AA級もしかしたらS級クラスの冒険者が来て、僕は捕まってしまうかも知れないため、この場所から去る必要がある。だからこそこの冒険者には僕の知らない情報について全て洗いざらい吐いてもらう。

「ちっ、リリーフ!《双天剣斬》だ!!」
「それしかないようね!」

二人はまた剣を重ねてZ−8号へと向かって走り来る。そしてZ−8号を横切る瞬間に斬撃を入れる瞬間に男冒険者の首を掴んだ。

「っっ!!ぐはっ!!」

男冒険者はあまりの勢いに口から血を吐いた。

「!!イース!!?放しなさい!!イースを放せ!!」

女冒険者は必死に剣を振るうがZ−8号には痛覚も感じないため無意味であり、剣もあまり刺さらない。

「ぐっ、があ、ああああああああああぁぁぁぁぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛…。」

苦しみながらもがいていたがついにはガクッと身体の力が抜け死んでしまった。Z−8号は男を放した。

「い、イース!!嘘でしょ!ねえ!イースーーーーー!!」

女は涙を流しながらうずくまる。

「さて、じゃあ洗いざらい情報を吐いてもらいますか…。」

僕は笑みを浮かべながら彼女に近づいていく。









「異世界でバイオハザード」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く