異世界でバイオハザード

チーズフォンデュ

あれ?デジャウ?

冒険者ギルドに男が二人、クエスト欄を見て話をしていた。

「おい…聞いたか?」

「何がだよ…。」

「C級パーティーの《朱雀》がクエスト中に消えたって話だよ。」

「あ〜ゴブリンキングの討伐に出て、失敗したっていう間抜けだろ。」

「だがそれがおかしいんだよ。誰一人として死体として見つからないんだよ。女ならゴブリンの子作りに利用されるから見つからないとはいえ、男を巣まで持って帰るか?」

「…さあな、人食いゴブリンでもいたんじゃねえのか…。」

「おいおいそんなユニーク個体がいたらそれこそ大問題だろ。」

「知るかよ…。《朱雀》はC級に上がったばかりだったし他のC級冒険者が後始末してくれるだろうよ。それより、俺らも行くぞ…。」

「ああ…。わかってるよ。」







「ここが噂の洞穴か…。」

「ええ…。噂通りの不気味な場所ね…。ここにゴブリンキングがいるに違いないわ!!」

《朱雀》が謎の失踪を遂げてから1週間後、冒険者たちではある 噂が広まっていた。それはゴブリンキングがここ死怪山の洞穴に存在するのではという情報だ。もともと数年前から突然できた洞穴で魔物の巣であると考えられ、誰も立ち入ることはなかったがゴブリンキングの出現により、洞穴の探索が開始された。

そしてこのパーティーはC級パーティーの《輝石》でC級でも上位のパーティーであり、なかなかの腕前だ。
パーティー構成は男女二人で男の方が、イースだ。細身の身体だが筋肉質な肉体をしている。髪は青色で装備は黒いマントに身を包んだ姿で中には紺と黒色のメタルプレートを着ている。背中には真っ黒な片手剣を背負っており、ベテラン冒険者の雰囲気を漂わせている。

もう一人は女の冒険者で名をリリーフという金髪、金眼の美少女であり、こちらの装備は白色を基調としたフリルのついた装備で腰には白い片手剣を収めている。
この二人は《黒と白の双剣者》と呼ばれている上級冒険者で実力はB級に足を踏み入れるほどである。

「しかし入口前にゴブリンが見張っていないなんて…どうゆうことだ?」

「そんなことどうでもいいじゃない!!それより、ゴブリンキングなんて久しぶりだし、腕がなるわね!」

腕を回しながらリリーフは嬉しそうに話す。

「はぁ…、まったくリリーフは戦闘狂の癖は治らないもんだ。油断は禁物だよ…。」

「わかってるわよ!!イースは心配性ね!…さ、行きましょう!」

彼らは洞穴に足を踏み入れた…。





「う〜ん?どう考えてもこれはゴブリンキングの巣とは思えないな…。ゴブリンの知能で研究なんて行うとは思えないしな…。」

「え〜!そんな〜!!…せっかくゴブリンキングと戦えると思ったのに…。ここに用がないなら行きましょう。こんなところにいても無駄よ…。」

「まあ、待ちなよ…。ギルド長の言ってたこと覚えてるだろう?」

「…あの謎の冒険者全員失踪ってやつ〜?気にしすぎよ!」
「ギルド長の勘はあたるって有名だからね。一応、ここも確認しなければ…。もしかすると、《朱雀》の冒険者が見つかるかも、だね…。」

ゴクッ…

リリーフは唾を飲み込んだ。

「し、仕方ないわね…。ギルド長のお願いだし、ちょっとだけ探索していきましょう…。」

「いえ、もう探索はしなくても大丈夫ですよ。」

「「!!?」」

「誰だ!!?」

リリーフとイースが後ろを振り返ると白銀の髪をした男が立っていた。

「初めまして、僕の名はヴァンと言います。短い付き合いになると思いますがよろしくお願いします。」

ヴァンはニヤリと笑みを浮かべて、《輝石》を見る。

「君はここの住人というわけか…。ふむ、ギルド長の言う通り、何者かが裏で糸を引いているかもしれないと言っていたが、もしかしてお前がパーティー《朱雀》に何かしたのか!?」

イースはヴァンに威圧を与えながら、聞く。

「…スザク?思い当たる縁はないですね。」

「…そうか。では君はこんな無法地帯で何を研究しているんだい?」

「おお!やはり気になりますよね!!僕の研究が!!…しかし、部外者に教えるわけにはいきません。この研究は僕の夢とロマンの詰まった最高傑作なんだ!それを他の人に教えて、僕以外がB.F.Wを作られるなんてことは許されざる行為です!!…ただ、何もわからないのは確かに可愛そうです。だから…僕のB.F.Wに殺されてください…。いけ!!Z−0号!」

「な、なんだこの魔物?は!?」

イースたちの目の前にいるのは肌がほとんど腐敗した灰色の肌に発達した顎が特徴てきな人の背丈ぐらいのバケモノが目の前には存在していた。

「こ、これは !お前まさか死霊使いか!?」

「またそれか…。だから違うって…。」






「異世界でバイオハザード」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く