異世界でバイオハザード

チーズフォンデュ

戦闘データ収集

「ゴ、ゴオォォォォォ!」

ゾンビとなったゴブリンが叫ぶ。

「よしよし、やはり急激な身体の新陳代謝に栄養、つまり有機物が足りずに身体が崩壊し始め、身体が腐敗したようだな…。だがこの急激な新陳代謝に耐えられるだけの有機物を取り込ませれば次のステージへと向かうことができるだろう…。」

このゾンビという姿になるのは実際は失敗された産物であり、本来は強制的に身体の変化、進化を促して強化するというのがこのウイルスの本来の効果だ。
ゾンビとなった現象は所詮死体がウイルスによって強制的に動く失敗作でしかないのだ。

しかしこのゾンビは失敗作でありながら、繁殖力の高さにより、生物兵器として利用できると考えられ色々な作品で使われているのだ。

「フフフ、Z−0号は見事なまでのゾンビの姿と言っていいな。急激な新陳代謝により身体が崩壊してしまったが子供だったゴブリンが人間の成人くらいまで成長しているあたりはさすがだな…。しかし眼球は取れてしまい、視覚は存在しない、か…。なら聴覚が強化されているのか?色々確認する必要があるな…。ステータスとか見れないのかな?」

すると急に頭に情報が流れ込んでくる。

Z−0号

種族 ゾンビ
年齢 ???
体力 450
魔力 0
筋力 308
耐力 1056
速力 20
知力 15

「な、なんだこれは!…どうしてZ−0号のステータスが見えたんだ!?…まさか…僕が作りだしたから自身のステータスとして見れるのか?」

この考えは正しく、ゴーレムを作っている者たちでも同様の現象が起こるらしい。本にかいてあったから間違いはないだろう。

「ステータスからわかる通り、体力、耐力は凄まじいが速力、知力が少ないのは痛いな…。特に知力が少ないということは僕の命令に理解できず、僕にまで襲いかかってくることがあるということだろうし危険だな…。
やはりこのウイルスの問題点は知力の低下を止めることだな。前世で見た解決策は寄生生物を植え込んで寄生生物を通じてコントロールする方法だが、そんな寄生生物あるかも分からないし、あるとして何年かかるか…。
仕方ない、ひとまずそのことは置いといて一度戦闘データを取るとしようか。」





僕は今全力で走り、逃げている。何からって?それは七匹のゴブリンの群れからだ。

僕はZ−0号の戦闘データを取るためにゴブリンの群れを僕の洞穴へと誘導しているのだ。ゴブリンは知能が少ないため、簡単に罠に引っかかってくるので助かる。

「ほら、こっちこっち!…ちょっと疲れてきたけど君達元気すぎない?」

僕は体力の少ないなか必至に走っているのだがゴブリンとの距離は縮まるばかりだ。

しかしすでに洞穴へと到着し、僕は洞穴の地下へと移動する。
少しゴブリンたちは動きを止めたが僕が顔を見せると再び僕を追いかけに中に入ってくれた。

そして僕はあの牢獄まで誘導するとZ−0号を縛る鎖を解いた。

「いけっ!Z−0号!君の戦い方を見せてくれ!」

そういうとともに僕は檻を閉めてZ−0号とゴブリンを監禁する。

「「「ゴ、ゴブウゥゥゥ!!?」」」

「ガ、ガアアアアァァァァァァ!!!」

こうして初めてソンビとゴブリンの戦いが始まった…。

ゴブリンたちは僕を見ながら何やら叫んでいるがそんな隙があるのだろうか。
Z−0号は速力が遅いためゆっくりと歩いてゴブリンたちに向かっていく。

それにゴブリンたちが気づき、ゴブリンたちは僕からZ−0号に敵意を変える。

まずゴブリンたちは一斉にZ−0号に襲いかかる。彼らには武器を使うという知能はないため、もちろん拳や爪、牙を使って襲う。

しかしそんな攻撃はZ−0号には無意味であり、痛覚などゾンビには存在しないため怯むことなくZ−0号はゴブリンたちに襲いかかる。筋力はゴブリンたちの3倍ほどあるはずなので軽々とゴブリンを突き飛ばし、一体ずつ噛み殺していく。

首を噛みちぎられたゴブリンはすぐに死んでしまい、腕を噛まれたゴブリンは叫び声をあげる。

そうこうして結局最後に立っていたのはZ−0号のみだった。

「す、素晴らしい…!これこそまさにゾンビだ!ゾンビの強みはこの耐久力にこそある!どんな怪我をおっても怯まず、攻撃を続け、どんな怪我をおっても動き続ける生命力こそゾンビという名にふさわしい!」

やはり僕の作り上げた最高傑作のZ−ウイルスは僕の想像以上の結果をもたらしてくれた。あとはこの死体となったゴブリンたちがゾンビへと変われば文句なしだが…。

それから5分後に急に死体となったはずのゴブリンたちの身体が肥大し、肌が再構築されていった。そして有機物の量が欠損し、新陳代謝に追いつくほどの栄養がなくなり身体が腐敗していく。そして一度停止したあとうめき声とともに立ち上がり動き出したのだ。

「成功だ!!やはり時間をかけただけあったぞ!死体となってから5分でゾンビになるとはなるほどな…。死んでいるほうがウイルスに対して抵抗が少なく少しの時間でゾンビになれるのかな?次はゾンビに噛まして生きたままでどのくらい時間が経てばゾンビになるか調べてみるとしよう。」

こうして僕は牢獄から出て行った。


「異世界でバイオハザード」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く