メイドな悪魔のロールプレイ

ガブガブ

1話











 これで何回目だろうか。君の死を見届けるのは。
 口から血を零し、息絶え絶えの君の様子を見て、僕はそう思った。


 剣が彼女の胸を貫き、おびただしい量の血液が溢れ出している。確実に、心の臓が貫かれている。もう絶対に助からない。


 いや、もしかしたら助かったのかもしれない。ただしここが、「悪魔の山」と恐れられている山の、頂きでなければ。


 なんでこうなったのだろう。そう思ったのも、これで何回目だろうか。




「──ね」




 やめてくれ。




「──ごめんね」




 その言葉を、呪いの言葉を吐かないでくれ。




「──約束を守れなくて、ごめんね」




 頼むから、逝かないでくれ。
 彼女がこちらに伸ばしてきた手を僕は必死になって掴み、神に祈った。……無意味なことだと、わかっていながら。


 やがて彼女はなにも映っていなかった虚ろな瞳をゆっくりと閉じて、そのまま生き絶えた。僕を、一人残して。




「なあ神さま」




 泣いた。その涙が枯れ果ててしまうほどに。叫んだ。まるで獣のように。


 虚しかった。いつものように、最後に残るのは空虚だけ。




「なんで僕が、僕だけがこんなにも苦しまなければならないんだ」




 僕は貴方になにかをしたか、神にそう問いただしたかった。


 僕はヨロヨロと立ち上がり、空を見上げた。
 すでに日は沈み、月が顔を出している。
 爛々と輝く星々は、まるで僕を嘲笑っているように感じた。




 ──気づけば、僕は彼女の胸から剣を引き抜き、刃先を自らの胸の前に持ってきていた。




「また、か」




 僕はそう呟いて自嘲して、自らの胸に剣を突き立てた。
 全身に力が入らなくなり、その場に仰向けに倒れてしまう。


 彼女と同じように、僕の胸や口からはおびただしい量の血液が溢れ出してきた。




「あと何回、繰り返せばいいんだよ………!」




 もう数えることすら辞めた。何回死んだかも覚えていない。心の内で神を呪う。


 瞼が重い。呼吸がしづらい。もう、僕は死ぬのだろう。




 あの日見た夢を、また今日も見ている。そう感じたんだ。




「悪魔でも、何でもいい。僕と彼女を、助けてくれ………!」




 いつものように、その台詞を吐いた。だがいつもとは違い、僕の周囲が鈍く光っているように見えた。


 そして僕は静かに息絶えた。死に際に見えた鈍い光を、疑問に思いながら。




「──神に造られた身でありながら、神を呪うか。自らを不幸だと嗤うか」




 いつもなら、あの時・・・に戻っているはずだ。なのに何で、死んだはずの今の僕にまだ意識があるんだ?


 ここには、僕と彼女以外居なかったはずだ。なんで他の何かの声が聞こえるんだ?




「ククク。暇つぶしに召喚に応じてみたが…、これはまた奇怪な運命を持つものに呼び出されたものだな」




 うまく声を出せない。まるで喉元を押さえつけられているみたいだ。


 なにも見えない。黒以外なにも見えない。
 だが失明しているのではなく、何かに目を押さえつけられていて、目が開けることができないように感じた。


 いったい、なにが──




「私は悪魔。気紛れで現れて、対価を代償に、呼び出したものの願いを叶えるものだ」




 なにも見えないはずなのに──悪魔が、嗤ったように感じた。全身が恐怖に震える。




「なに、怯えることはない。橋銭は既に頂いている。私は貴様に危害を加えるつもりはない」




 悪魔がそう言うと、まるで魔法にでもかかったように、それに対する恐怖心が薄れてきた。




「あ、あああ。……ふぅ。おまえは、悪魔、なのか?」
「ああ。私の名前は––––」




 ………
 …………
 ……………




『名前を入力してください』




 突然世界が静止し、無機質な声がの耳に入った。
 ……どうやら、勝手に口が動くシーンは終わったみたいだ。とりあえず……、穴があったら入りたいっ!
 私は心の中で絶叫した。


 あんなの公開処刑でしょ!いや誰も見てないから別にいい…、いやよくないけど。
 なんであんな恥ずかしい台詞を言わないといけないの…。




『名前を入力してください』




 あ、はい。すみません。
 私はその入力画面に【イア】と念じた。




『名前を【イア】に決定します。よろしいですか?』




 その言葉に、私はYESと念じる。




『名前を【イア】に決定しました。セカンドネームをランダムで決定します……決定しました。セカンドネームは【ノワリンデ】となります』




 これでまた、ストーリーが再開するのかな?私が疑問に思っていると、今度は私の目の前に現実の私の姿が映し出された。




『人化した際の容姿を制定します。ランダムで作ることができます。自分で作りますか?』




 もちろん自分で作ります!やっぱりMMOの醍醐味はアバターメイクだと思う。




『了解致しました』




 すると私の目の前…目の前?に半透明の板のようなものが現れた。
 そこには髪の色や顔の形、目の色や睫毛の長さ、量など思わず引いてしまうほどの設定項目があった。


 ……うん。醍醐味なんて別にいいや。面倒くさいからそこらへんのやつは現実と同じでいいよね。


 人の印象は髪の色とかでも変わるって言うし……、髪と目の色だけ変えよっか。


 悪魔と云えば、やっぱり紫っぽい色かな?いやでも白色とかでもいいかも。うーん。あ、そうだ。


………
…………
……………




『……瞳および髪の色をアルパイン・ブルーに決定しました』




 ふう、ようやく納得できる色になった。いやあ、とてもつもなく時間がかかっちゃった。


 いや、ね?私の納得する色が無かったから『声』に色を混ぜれないか、って聞いたの。そしたら絵の具みたいなのを出されて、これでどうぞって……。
 まあでも不満はないんだけど。


 よし、容姿はこれで決定と。




『容姿を決定します。本当にこれでよろしいですか?』




 YESと念じる。




『もし「身バレ」が起き、なんらかのトラブルに巻き込まれても、当社は責任を負いかねます。本当にこれでよろしいですか?』




 別に問題ないです。




『…容姿を決定致しました。続いて、初期スキルの設定を行います』




 すると今度は目の前にタブレットのようなものが現れた。……このタブレットどうやって浮いてるんだろう。不思議パワーってやつかな。
 そこには、こう表示されていた。




 名前:イア・ノワリンデ 性別:女 種族:悪魔族デーモンLV1/50
 【中立】


 HP【1000】
 MP【1000】
 SP【1000】 


 《神の呪い》


 〈固有スキル〉
 《未設定》


 〈スキル〉
 《未設定》


 残りSLP25


 ふむふむ。なんかやばそうなのがあるけど他は普通なのかな。それにしても、【神の呪い】ってなに。




 【神の呪い】……〈オンラインモード〉で戦闘可能エリアにいる際、神及び天使族に命を狙われる。




 ……なにそれ。神や天使に命を狙われるって、詰みゲーですか?
 いや、多分大丈夫かな。そこまで運営も鬼畜じゃないだろうし……。まあ、その時になればわかることだし今はどうでもいいかな。




『まず、固有スキルの設定を行います』




 しつもーん。固有スキルって何ですか?




『固有スキルとは種族:悪魔族だけが持つ能力です。種族等の説明は要りますか?』




 じゃあお願いしようかな。




『了。この世界には、大きく分けて三つの勢力があります。
一つ、光の勢力。
二つ、闇の勢力。
三つ、中立勢力。
光の勢力には【獣人族ライカンスロープ】【森人族エルフ】【普人族】。闇の勢力には【魔人族デミノイド】【竜人族ドラゴノイド】【魔物族エネミノイド】がいます。そして中立勢力にはイアさまの種族である【悪魔族デーモン】【天使族エンジェル】【技人族ドワーフ】がいます』


 つまり大まかにまとめれば九種の種族がいる、ということ?




『YES。ただし【獣人族】及び【魔人族】、【魔物族】はあくまでも総称です』




 ということは、その種族の中でさらに分類分けされてるってこと?




『はい。【獣人族】には例えば【犬人族】【猫人族】など、さまざまなものがありますし、【魔人族】には【吸血族】や【巨人族】などがあります。【魔物族】は…多すぎて把握しかねます』




 すごい手が込んでるねえ。さすがはフルダイブ型のVRを開発した会社だね!




『……恐れ入ります。──では説明は以上です。改めまして、固有スキルの設定を行います』




 さて、どんなものがあるのかな?私がそう思っていると、突然タブレットの画面が切り替わり、スロットのようなものが表示された。


 わかりやすい言い方は……パチスロのスロットの部分かな。


 それぞれのスロットには1〜7の数字がかかれているみたいで、数字の目が高いほど、その【固有スキル】の能力が高くなるんだろうなと予想がつく。




『それではどうぞ』




『声』がそう言うと、その画面の下の方に【ストップ】という項目が現れた。


 どうせこういうのは運営側に確率操作されてるのがオチだし、適当に止めて問題ないよね。


 私はトトトッ、と三回連続でタップした。いや指はないから念じた、が正しいんだけど。


 すると三つのスロットは面白いように2、2、2で止まった。ゾロ目である。




『おめでとうございます。2のゾロ目ですね。固有スキルは【黒霧】となります』




 なにそれ弱そう。やっぱりゾロ目でも数字の目が小さいとしょぼいのかな…。




 【黒霧】……黒色の霧を発生させる。




 名前の通りだった。いや、うん。囮がわりには使えるかも。あとは目眩しとか。
 決して現実逃避とかではないよ、うん。


 私はこのとき知らなかった。この固有スキル、【黒霧】に秘められた、その可能性を。




『意気消沈のところ悪いですが、次に初期スキルの設定を行います』




 ……はあい。あ、その設定『声』さんにお願いしても大丈夫ですか?




『私にでしょうか?』




 そそ。悪魔になったからには悪魔っぽくやっていきたいからね。私は悪魔についてそこまで詳しくないし……。




『かしこまりました。では、少々お待ちを』




 それから十分くらい経ったあと、『声』さんは設定が終了したのか私にその旨を伝えてくれた。


 というわけで私のスキルはこちら。




 名前:イア・ノワリンデ 性別:女 種族:悪魔族デーモンLV1/50
 【中立】


 HP【1000】
 MP【1000】
 SP【1000】


 《神の呪い》


 〈固有スキル〉
 《黒霧》


 〈スキル〉
 《契約術Lv1》《威圧Lv1》《空間魔法Lv1》《料理術Lv1》《食器戦闘技術Lv1》《掃除術Lv1》《変装Lv1》《幻惑術Lv1》《悪魔術Lv1》


 残りSLP0




 ……いや、なにこれ。悪魔に掃除術とか料理術とか必要なの?しかも食器戦闘技術ってなに……。




『はい。【悪魔族】とは自らを呼び寄せたものと契約し、その願いを叶える者です。つまり……必要です』




 いや、理由になってないけど。まあいっか。こうやってAIさんが推してきたってことは、いずれ絶対に必要になる、ってことだろうし。




『──これで設定は以上です。お疲れ様でした。それでは、引き続きストーリーモードをお楽しみください』




 すると止まっていた世界が再び動き始めた。




「私の名前はイア。さあ小僧、願いを言え。無論、代償は頂くがな」




 ……いつまでこの羞恥プレイは続くのかな。

















「メイドな悪魔のロールプレイ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く