メイドな悪魔のロールプレイ

ガブガブ

4話

4話






 流石は初心者の草原と呼ばれているからか、凶暴そうなモンスターは見当たらなかった。


 大人しそうに草を貪っている羊。草原を駆け巡るダチョウのような魔物。そして、草を貪っている羊を襲って貪り食べている、赤色の狼。
 どれも温厚そうな魔物である。


 道は一応整備されているようで、門を出たところから、一直線に道が伸びている。
 そこら辺を歩いていた冒険者の話によると、道を外れて奥へと進んでいくと、森があるらしい。
 この草原で出る魔物とは比べ物にならないくらい強いそうだ。気をつけよう。


 私は魔物を狩るため、整備された道を外れて草原へと繰り出していった。


 ──私は知らなかった。このゲームの運営の、鬼畜っぷりを。




 羊の魔物などが多くいる、所謂【湧き場】についた私は〈魔銀のテーブルナイフ〉をインベントリから一本取り出して、右手に構えた。
 そしてそれに対し、ある魔法を発動させる。


「空間魔法〈第1階位:回帰付与〉」


『空間魔法のレベルが【1/30】→【2/30】に上昇しました』


 【空間魔法Lv2】
 上限レベル:30
 最大階位:7
 第1階位:〈回帰付与〉〈収納空間インベントリ
 第2階位:魔法レベル5で解放。
      ・
      ・
      ・


 ちなみにだが、〈回帰付与〉の効果は〈対象に回帰を付与する〉である。まあ名前の通りだね。
 例を挙げて説明するなら、私がどこか遠くに〈回帰付与〉をしたものを投げる。そして私が「回帰」と言うと、その〈回帰付与〉されたものが私の元へと戻ってくる。みたいな感じかな。


 さて、早速狩ろうかな。


 私は魔銀のテーブルナイフを羊型の魔物目掛けて投擲した。




 名前:なし 種族:草原羊♂
 Lv2 HP250/250 MP100/87




 流石は〈魔銀のテーブルナイフ〉と言うべきか、私の投擲技術と言うべきか。
 私の投擲したそれは、見事【草原羊】の脳天に突き刺さり、その全てのHPを削りきった。


『スキル〈投擲技術Lv3〉種族スキル〈魂食〉を獲得しました』
『経験値を20獲得しました。スキル〈魂食〉により経験値を20を獲得しました』


「〈回帰〉」


 そう唱えると、魔銀のテーブルナイフは私の手元に戻ってきた。…血濡れた状態で。
 あ、そういえば描写の設定するの忘れてた。まあ血は見慣れてるし別に問題はないんだけど。


 私はテーブルナイフを振り下げて、テーブルナイフに付着している血を払った。


『隠密術のレベルが【2/10】→【3/10】に上昇しました』


 …やはり初心者の草原と呼ばれているからか、魔物から得られる経験値の量が低い。


 原因はよくわからないが、先ほど獲得した〈魂食〉とかいうスキルのおかげで経験値は二倍になってるけど…、それでも低いものは低い。


 ──獲物を捕らえた狩人は、隙が多い。昔趣味で猟師をやっていた父親に、その事を教えてもらっていたのにもかかわらず、私は周りを警戒せず思い耽ってしまっていた。


 ──空よりこちらを狙う、一筋の閃光に気付かずに。


 それに私が気付いたのは、もうそれが私の頭上に迫っていた、その瞬間で──


「………悪魔を捕捉。命に従い、排除します」


 その一撃で、私のHPは底を突いてしまった。突然目の前が真っ暗になり、なにも出来なくなってしまった。
 これが某ゲームでいう、「目の前が真っ暗になってしまった!」なのだろうか。


『種族スキル〈不死〉を獲得しました。スキル〈不死〉を使用し、復活しますか?』


 【不死Lv–】
 上限レベル:–
 レベルを1消費して、最大HPの3割で復活する。これを使用した場合、デスペナルティは受けない。ただしレベルが1の場合、使用不可能。


 YES/NOという選択肢が、ポツンと私の眼前で揺らめいている。
 …レベルを消費するのは痛いけど、せめて敵影だけでも確認したい。一回だけ、使ってみようかな。
 私はYESと念じた。


『不死を使用したため、レベルが【6/50】→【5/50】に下降しました。HP、MP、SPが100下降しました。SPを1喪失しました』


 黒色しか見えなかった視界が一瞬でクリアになり、私は初心者の草原と呼ばれるところで復活した。


 ──そこにいたのは、天使だった。


 男か女か判別のつかない、中性的な顔立ち。
 そして純白の髪、透き通るような白色の瞳。肌はまるで穢れを知らぬ白色のようで、腰のあたりからは猛禽類のような白色の翼が生えている。


 身長は大体165cmくらいで、私よりも15cmも高い。くっ、羨ましい…。


「……かわいい」
「……?」


 天使がボソリと、なにかを呟いた気がした。魔法の呪文かなにかだろうか。私は魔銀のテーブルナイフをそっと構え、天使を警戒する。


 おそらくこの天使による襲撃が、【神の呪い】とやらだろう。


 スッと、天使が右手を上げた。私は反射的にバックステップで天使から距離を取る。


「……怯えてる姿もかわいい。やばい、鼻血でそう……」


 遠くてよく聞こえないが、おそらく良からぬ事を企てているに違いない。


 ──逃げるか、戦うか。


 おそらく逃げる事は不可能だろう。ここは草原で、隠れられる場所なんて全くない。もしあったとしても、私を殺したあの技(?)を使われれば隠れても意味がない。


 それならば、死ぬ事を前提に戦うしかない。流石にもう〈不死〉は使わない。デスペナルティは痛いが、仕方ない。デスペナはストーリーモードには関係ないしね。


『隠密術のレベルが【3/10】→【4/10】に上昇しました』


 私はもう一本魔銀のテーブルナイフを取り出し、2本ともを天使に向かって投擲した。スキルの補正があるからか、標的に向かって一直線に飛んでいく。


「……攻撃もかわいい」


 天使はまるで虫でも払うかのように、右手で宙を扇いだ。すると2本のテーブルナイフはそれだけで、勢いを失いポトリと地面に落ちた。


『食器戦闘術のレベルが【1/30】→【2/30】に上昇しました』


「──一瞬で殺してあげる」
「ッ!〈回帰〉」


 天使の姿が一瞬ブレたと思ったら、なにかの拳が私の眼前に迫っていた。


「ッ!速──ッッッ!!!」


 ゴリッ、と鈍い音が聞こえた。顔面を殴られたのだろう。痛覚の設定はしてあるので、痛みの代わりにとてつもない衝撃が私を襲う。


 顎の骨が砕けたのか、思うように喋ることができない。HPは6割ほど減っていて、非常にマズイ状態である。
 喋れないということは、魔法を発動させられないということである。つまり、〈回帰〉が使えない。


 ──気がつくと私は、草原に仰向けで倒れていた。殴られて吹っ飛ばされたのだろう。


 私は慌てて足腰に力を入れて、立ち上がった。天使がどこにもいない、私は焦りの色を顔に浮かべて、辺りを見回す。


「ふふっ。焦ってる姿もかわいいぃ。苦痛に歪む顔が見たかったけど、なにか対策でもしてあるのかな……?」


 突然耳元でそう囁かれたと思ったら、ゴキンッという鈍い音とともに、私の身体が動かなくなった。


HP0/1400


 こいつは本当に天使なのだろうか。薄れゆく意識の中、私はそんなどうでもいい事を思った。


 とりあえず……戦闘可能フィールドに出れても、絶対に死ぬなんて詰んでない?
 ……オンラインモードはとりあえず諦めて、ストーリーモードをしようかな。


 街の噴水広場で復活した私は、ログアウトの項目から〈ストーリーモード〉に切り替えた。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆




 前回は……、ご主人様の傷を直したところで終わりましたね。たしか。


 私は椅子に座って毛布に包まり、眠っているご主人様に近づいていく。


 因みにだがこの毛布は私が悪魔術で創ったものだ。一応解説しておくと、悪魔術とは自分のMPを消費して、それ相応のアイテムを得る。所謂創造魔術である。


 基準がなにで決まっているのかはわからないが、毛布は300MPで創ることができた。


 さて、ご主人様が起きるまで何をしようか。
 あ、そういえばレベル上がってたっけ。スキルポイントもゲットしてるだろうし、色々見てみようかな?




名前:イア・ノワリンデ 性別:女 種族:悪魔族デーモンLV5/50
【中立】


HP【1400】400up
MP【1400】400up
SP【1400】 400up


《神の呪い》


〈固有スキル〉
《黒霧》


〈種族スキル〉
《魂食》《不死》


〈術系統スキル〉
《契約術Lv2》《料理術Lv1》《食器戦闘技術Lv2》《投擲技術Lv3》《掃除術Lv1》《幻惑術Lv1》《悪魔術Lv1》《交渉術Lv1》《隠密術Lv4》


〈魔法系統スキル〉
《空間魔法Lv2》


〈その他スキル〉
《変装Lv1》《威圧Lv1》《鑑定Lv1》《人化Lv–》《世界共通言語Lv–》《嗅覚上昇Lv1》


残りSLP5




 SLP5なら、一つくらいは獲得できるかな?なにか有用そうなスキルないかな……。


 私は獲得できるスキルの一覧表を開き、面白そうなスキルがないかを探した。

















「メイドな悪魔のロールプレイ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く