異世界の錬金術

cicada

第五話 単位さえあればいい

「アーク、お前、魔法が使えたのか。」

「うん、土うごかすやつつかえるよ。」

父親の表情は驚きに満ちている。そうだよなぁ、ただの4歳児がいきなり大人顔負けの魔法を使っていたら驚くよなぁ。だが俺の演技は完璧!さぁ、俺のことを天才児として理解するのだ!

「夜中に何をこそこそしているのかと思えば、まさか魔法を習得しているとは。」

バレテーラ。

「え!?気づいてたの?」

「あぁ、何か隠していることはわかっていたが何故だか危険そうには思えなくてな。放っておいたのだよ。」

適当な父親だなぁ…、まあ助かるのだが。それにしても、親に隠し事はできないというのは本当のようだな。そういえば、前世でも、ばあちゃんによくいたずら見破られてたっけ。

「で、君たちはどちら様かな?」

「ふん!どうせ衛兵に突き出すんだろ!答える義理はないね!」

きゅるるるっ、、、カァ////

「君たち、お腹がすいているのかね?母さん、晩飯のポトフが残っていなかったか?」

「ええ、二人分用意するわね。」

「アーク、二人を放してあげてくれ」

ほう、俺の両親は聖人らしいな。俺はこの子たちが犯罪奴隷にまで落とされてご主人様にご奉仕するところまで妄想、保存、バックアップまで取ったというのに。

俺は魔法を解き、二人を開放する。暴れられると思ったが、母さんポトフの誘惑には耐えられないようだ。

「さあ、お食べなさい。」

二人は堰を切ったようにポトフを流し込み、モノの数秒で完食してしまった。

話を聞いてみると、彼女たちは近くのスラム街で二人、親と死別し、追い出され、ここまで歩いてきたらしい。そして、空腹からこの家に忍び込んだというわけだ。

年は5才と7才で、そんな環境を生き抜けたのは、奇跡としか言いようがない。

「で?そろそろ君たちの名前を教えてくれるかな?」

「テュカ…。」

「ミカなの。」

でかい方がテュカで、ちっこいのがミカか。姉妹かな?まあ、問題はこれからどうするかなのだが、それを決めるのは俺ではなく、家長である父親である。

「母さん、いいよな。」

「そうね、人手は足りない方だったしね。」

うちは小さな道具屋を営んでいる。小さいながらも盛況なのは、母親の作る魔道具と父親の調合する回復薬がこの街で最高水準で、高位の冒険者に評判だからである。

「君たち、行くところがないならうちに来るか?」

「え?」

「うちで、住み込みで働かないか?」

「でも、私たち、盗みを…。」

「子供が、どうしようもなくなってやったことを責める気はないよ。それに、子供には親がいるべきさ。」

「今日から、私たちが家族よ。」

「う、う、ううわあああああん!」

「あらあら、うふふ。」

虚勢を張っていても彼女たちは子供。気を張っていたのだろう。テュカは母さんの胸で号泣し、ミカは状況がわからないのかおろおろしている。

ミカを見ていると、視線が合う。俺の視線に気が付いたミカは、母さんの腕の中のテュカにしがみつく。さっきの魔法で嫌われてしまったようだ。

「アーク、妹に続きお姉ちゃんも二人で来たな。はっはっはぁ!」

「早速、嫌われてるみたいだけどね。」

やれやれだぜ。





「異世界の錬金術」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く