異世界の錬金術

cicada

第一話 別に今日の夜やるのと明日の朝早く起きてやるのは同じ

「くっそぉ、皆してぇ、何が『それはなんの役に立つの?w』だぁ。そんなもん作ってから考えればいいだろぉ!」

この訳のわからないことを言っている男は鳥飼英次。物理学者のたまごである。
大学4年生で研究室で自分の発表を酷評されたようである。

そんないらついた心情だったからであろうか英次は前方2mに落ちているバナナの革に気づくことができなかった。

自分の右足の裏に柔らかい感触が伝わったときには遅かった。英次の視界は暗転し、後頭部に鈍い痛みが襲う。

しかし体が動かずのたうち回ることすらできない。これが死なのだろう、そんなことを考えることができたのがこの男にとって幸いであったのかを知るものはいない。



「……じさ…………いじさん………英次さん!」
「はいぃ!!……え?」

どこだろうここは。そして誰だろう彼女は。などと英次が考えるのも無理はない。

なぜなら、英次は今、スーツ姿の女性と二人きりで会議室らしき場所にいるのだ。

「こ、、ここここ、、、ここどこですか!?」

「会議室17384648です。」

「な、、、なんで、、俺、バナナの革を踏んで、、、」

「あなたは死にました。」

「ええええええええええ!?」

英次は深呼吸して落ち着くことにした。

「落ち着きましたか?」

「は、はい。落ち着いたので、できれば説明をしていただけると。」

「あなたはバナナの革を踏んで転び、脳挫傷で死亡しました。」

「…はい。」

「そして、10000000000人に一人の転生者に選ばれました。」

「…え?」

「つきましては魔王の脅威が迫る異世界にて世界を救う勇者となっていただきます。」

「ちょ、ちょちょちょ、、ちょっと待って!」

英次はひどく混乱した。なぜなら展開がそこらへんのラノベみたいだったからだ。

「え、ええええええ!!!お、俺が?異世界転生!?まじぃ!?」

「マジです。」

眼前の女性はいたって真顔でそう語る。どうやらまじのマジだったようだ。英次があきらめて説明の続きを聞くことにした。

「すみません、それで俺はどこの誰になるんですか?」

「転生先はランダムですのでまだ未定ですが、転生していただく異世界の名前は「Nkh4T6d7」、この世界にはあなたの世界と異なり、魔力という因子があり魔術、魔法も存在します。そして転生の際には強力なスキルを付与させていただきます。」

いわゆるテンプレである。英次は少しずつ理解し始めていた。この会議室には出入り口がないのだ。加えてこの女性の人間味のない対応から、もう英次のいた世界には帰れないことを直感で理解し始めていた。

「強力なスキル?ちなみにどんなものを?」

「ランダムですのでまだ未定です。」

「なるほど…、まとめると、死んだから異世界で魔王討伐せよと。」

「はい。」

「じゃあ、その後はどうなるんです?」

「あなたはその世界の人間として生まれることになるので、魔王討伐後はNkh4T6d7で生活してもらいます。」


「わかりました、いえ、まだわからないことはたくさんですが、とりあえず死んでもう戻れないということはわかりました。」

「ほかに質問はありますか?」

「ない、、、かはまだわかりませんが今は思いつかないので、大丈夫だと思います。やっちゃってください!」

「転生シークエンス起動。出力Nkh4T6d7。スタート。」

英次の周りに青白い光が現れ、意識が薄れていく。いよいよ、異世界転生である。まあとりあえず前世の知識で無双したりまひょか~なんて考える英次はきっとバカなのだろう。




「異世界の錬金術」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く