〜転生した少年は、この世界を生きる〜 〔勇者もめんどくさくなったので、ただの冒険者始よっかな〜〕

Mr.たい焼き娘

#11 禁断の恋とは?




俺は、二人を抱きしめながら何故か泣いていた。自分でもよくわからない。もらい泣きだろうか?

俺は、2人を離すと…


2人とも俺の頬っぺたにキスをしてきた。

「ひ、ひゃ!……ど、どしたんだ?」

『ひゃって…真斗くん、かわいいね…』
『ほんとです…真斗さんのその表情を見たら…悲しくなくなりました、えへへ』

「ほ、ほんと2人ともどしたんだ?」

2人とも、この状況になんかおかしくなってるのか!?

『これでもわからないんだ…』
『流石、真斗さんです。鈍いです。鈍すぎですね…』

「え…俺そこまで…で、だからなんなんだよ?」




『『真斗くん(さん)が好きだからだよ(です)///』』


…マジか、


というか…

「なんで俺なんだ?」

すると由莉が
『言わなきゃ…ダメか…、私は、あっちの世界の時から好きだったんだよ?でも、怖くて告白できなかったんだ…、真斗くん優しいし、そこに惹かれたのかなって///』


ドクン!

あれ、なんか恥ずかしいような、嬉しいような…心が苦しいな、


『わ、私も真斗さんの、優しさに惹かれました…あの時、真斗さんといっぱい話した時、とても楽しかったから……
あ!何言ってるんだろ私!』アワワ…


「ありがとな、2人とも…、俺、今までこんなことなかったから…嬉しいよ!」

『『っ!?///』』

「もしよかったらなんだけど…」

『『ぜ、ぜひ!!』』


「まだ俺何も言ってないんだけど…」


『『あ…』』

「まぁ…俺と付き合ってください…」

『『はい…』』


「あと確認なんだけど…アリーシアさんは俺と付き合って大丈夫?」

『大丈夫ですよ、ちゃんと隠しますから!』


「『いいのかよそれで…』」





俺は、今日の戦闘で疲れた?ので、自分の部屋で寝ることにした。

というか、2人ともに寝ろと言われたからなんだけど、

まぁ、寝るか…















《由莉ofアリーシア》


「由莉さん!?真斗さんが、真斗さんが!!」

「真斗くんが、どうしたんですか!?」

「勝手に魔物の討伐に!」

「え!?」



うぅぅ、なんで真斗くん、そんなところに行っちゃうのかな…
あ!もし真斗くんに何かあったら…!!!!!?
真斗ぉ…!(由莉)


真斗さん…勝手にこんなこと…
真斗さんだと大丈夫だと思いますけどでも…
やっぱり心配だよぉ〜…真斗様ぁ…


『『やっぱり助けに!!』』


え?

(由莉)アリーシアさんまで泣いてるの?なんで?

は!まさか!


(アリーシア)
え?由莉さん?
もしかして、


『『真斗くん(さん)の事、好きですか?』』

『『は!』』






「「マジか〜!!」」




















《真斗》



「うぅぅ…ん?…な、なんでこうなった」


『うぅぅ…真斗く〜ん…えへへ〜』
『真斗しゃ〜ん…好きです〜』

うん、この言葉は嬉しいんだけど…


流石に両サイドに挟まれて寝るのは、キツイな…


俺はなんか恥ずかしいけど、2人の額にキスをして、ベットを後にした。











俺は気分展開に、夜の王都を歩いてみた。
俺は途中大通りから細い一本道に入ってみた。
するとそこには…


俺のあそこを刺激するようなお店が軒を連ねていた。

「あ、ああああ…これはやばい」


俺は、急いで城へと帰り…ムラムラを必死に抑えて、眠りにつくのだった。



















なんかすみません。
最後変な感じになってしまいました…
すいませんすいません!!!!!








「〜転生した少年は、この世界を生きる〜 〔勇者もめんどくさくなったので、ただの冒険者始よっかな〜〕」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く