世界の再構築者は3匹のぬこ系少女に殺される!?

むもむも

1-14

「地震だ! かなり大きいぞ!」

 どうやら地震が発生したようであるが、自分を支えてくれる人たちを失い立つことすらできず、その場に崩れ落ちているタカシには、地震の揺れすらも感じ取ることはできなかった。
 だが、そんなタカシにどこからか声がかけられた。

『タカシ……落ち着き……なさい』

 確かに自分を呼ぶ声が聞こえた。
 タカシはハッとその声に耳を傾ける。

『とりあえず……いまは……ここから離れなさい……』

 何度もその声が、頭の中に直接語りかけてくる。

『あなたはだれ? 俺を知ってくれている?』
『そう……私はあなたを……知っている……安心しなさい……あなたは……ひとりじゃ……ない……』

 頭の中でその声に応えると、確かにそう返してくれた。
 俺を知ってくれている。誰かはわからないけど、ひとりぼっちの今はその事実だけでもタカシは膝を、心をなんとか持ち上げることができた。

 次の瞬間、『バチ』っという音とともに停電が発生した。
 まだ午前中であるためそこまでは暗くはないが、担任は停電した事実自体に驚いている。

(逃げるなら今しかない)

 一瞬の隙をついて職員室から駆け出していった。

 職員室から出ると同時に揺れは収まった。
 地震は揺れが長く続いていたものの、震度はそこまで大きくなかったのか被害は出ていないようである。
 廊下は生徒たちが教室から出てきたり、友達同士で安否を確認しあったりとかなり騒ついていたため、少々走ったところで目立つことはなさそうだ。

「よし、今なら誰にも気付かれずに外に出られる。」

 廊下を一心に走っていると、昨日まで自分がいたクラスの前に差し掛かった。
 そこで、マサと柳原と目が合った気がしたが、お互い一言も発することなくすれ違い、タカシは駐輪場へと駆けて行った。

「世界の再構築者は3匹のぬこ系少女に殺される!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く