世界の再構築者は3匹のぬこ系少女に殺される!?

むもむも

1-4

『キーンコーンカーンコーン』

 チャイムの音色が学校の終了を生徒たちに知らせ、帰路につく者、部活のためにグラウンドへ移動する者が校舎から各々の目的地へと散っていく。
 タカシは前者であり帰宅部である。

 いつものようにスーパーマーケットで夕食と明日の朝食を買い込み家に向かう。
 タカシは料理が好きで、この時間が一日で最も楽しい時間なのである。 
 自分が作った料理を食べるスズの顔を想像しながら、あれやこれやと食材を選ぶのが楽しくて仕方がない。完全なシスコン野郎だ。

 ただし、いくらシスコンであるからといってスズの好き嫌いは許すつもりはない。
 そこは親代わりという意識があるからだろう。
 心を鬼にしてピーマンをカゴに入れる。
 
 しかし、タカシは決してピーマンを食べる食べないで喧嘩して鬼と化したスズの顔を見たいわけではない。スズの笑顔が見たいのである。
 そのため、必ず嫌いな食材だけではなくスズの大好きな食材も一緒に購入することを忘れない。

「今日はピーマンだから、これかな?」

 苦味のあるピーマンに対し、頑張って食べたご褒美として甘いフルーツポンチの缶詰を選んだ。
 食材ではなくデザートではあるのだが。
 最近は食べる人も減ってきているフルーツポンチだが、スズはフルーツポンチが大好きだ。
 
 スズがフルーツポンチを好きになったきっかけは、引っ越してから間も無く、タカシがフルーツポンチを作ってスズに食べさせたことにある。
 祖父母がタカシとスズを元気づけようと一緒にフルーツポンチを作ろうと誘ってくれたのだが、当時、タカシ以上に塞ぎ込んでいたスズはそんな気になれなかったようで、フルーツポンチはタカシが作りスズにご馳走する事となった。

 だが、そのフルーツポンチを食べた鈴は急に泣き出し、タカシの胸に飛び込んだ。
 その時に聞いた「おいしい」が忘れられず、たかしはスズに料理を作り続けているのだ。

「缶詰なんて無粋だよな、材料買っていちからつくろう。」

 タカシは一度手に取ったフルーツポンチの缶詰を棚に戻し、フルーツポンチの材料をせっせとカゴに入れる。
 しかし、いちから作るとなると材料費が思ったよりかかってしまい、会計時に缶詰にすればよかったかなと男らしくない後悔をするのであった。

「世界の再構築者は3匹のぬこ系少女に殺される!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く