幸せの鮮血

けん玉マスター

5話 殺し屋

何日か投稿できてなくてすいません!
ちょっと忙しくて…




タイアリア帝国路地裏


「追え!絶対に逃がすな!」

天気は生憎の雨。
水たまりを切り開く足音が響いていた。

「っ…姉貴のやつ…依頼に依頼を重ねやがって…!それにこんなに警備が多いなんて聞いてねえぞ…!」

30を超える警備に追われながらサチトは毒づいた。

「ふふふ…君は嵌められたのだよミスター白虎。大人しく投降したまえ。」

暗闇からそんな声が聞こえる。
その声は昼間会った依頼主のものだった。

「我々の目的は君だよ白虎…。依頼を出したのは私達。私は私を殺すように依頼したのさ…。全ては君を闇に葬るためにね。」

「なーるほど…。」

サチトはゆっくりと暗闇から現れる。

「どうだね?裏切られる気分は…。」

警備は一斉に銃剣をサチトに向ける。

「どうって?こんなもの慣れっこさ。」

「なんだと?」

「別にお前が裏切ることを知っていたわけじゃない。だが殺しの世界ってのは裏切り裏切られの世界なんだよ。その中の1回に過ぎない。これからも俺は裏切るだろうし裏切られることもある。」

「ふん…ほざけ…。…やれぇ!!」

警備は一斉に銃剣を発砲した。

「ひとつ言っておこう…殺し屋…舐めんな…!」

サチトの姿を視界から見失う。

「!…やつはどこだ?…やつを探せ!!」

「鈍すぎ。お前ら。」

サチトは警備員の列の真ん中にいた。

「馬鹿な!確かに撃ち殺したはず…弾丸はどこに行った?!」

「これの事か?」

「!」

サチトの手から弾丸が落ちる。

「馬鹿…な…!」

「う…うう、狼狽えるな!相手は1人だぞ!それに武器はナイフ2本!畳み掛けろ!」

「甘すぎ。お前ら叔母さんが作った麻婆豆腐より甘いぞ?俺は殺し屋だ。武器が2つなわけねえだろ?」

サチトがコートを広げるとその内側には大量のナイフが仕込まれていた。

「フ…IT'S SHOWTIME…!」

フードの隙間から見えたサチトの目は不気味に赤く輝いていた。





「ふぅ…これって報酬出ないやつだよな…。」

サチトは死体の山に座りながら呟く。

「ま…姉貴に貰えばいいか…。」









次の日
タイアリア帝国国立学校

「サチトくん…隈が出来てるよ?」

「え?ああ…少し夜更かししちゃってね…。」

「そう…。」

「それよりどうだ?白虎の調査は。」

「え?ああ…あれね…。情報くれた人がこの街から居なくなっちゃって…。だから今行き詰ってるの。」

「…シャンザ…悪いことは言わない…。白虎の調査は止めるべきだよ。」

「…私は止めないよ。」

「シャンザ…」

「分かってるよ?ギルドの人にも言われた。白虎について調べるのがどんなに危険か…。でも私は調べる。私はは白虎に会って…言わなきゃいけないことがあるの。」

「言わないといけないこと?」

「ごめんね?これはサチトくんにも教えられないの。」

「そうか…。」

シャンザは申し訳なさそうに微笑んだ。



そうか…君の目は…辞める気は無いんだな…シャンザ…。
でもそれなら好都合。

「そうか…それなら…俺も手伝うよ、シャンザ。」

「え?いいの?」

「ああ。情報が手に入らないなら一人じゃ大変だろう?」

「そ、そうだけど…本当にいいの?その…サチトくんにも危険が及ぶかもしれないんだよ?」

「まあ2人の方が安全だろう?」

「そ、そう…なの…?」

「少し腕には自信があってね…。シャンザを守るくらい訳はないよ。」

「でも…相手は世界最高の暗殺者なんだよ?」

「その言葉は君にそっくりそのまま返すよ。」

「え?あ、そ、そうだね!」

「さ、ホームルーム始まるぞ。」

「う、うん…!」





そう微笑みながら隣に座る少年を見る。


サチト…くん…。

不思議な人…。

それでも…とっても…とても温かい人…。




フォローorコメントよろしくお願いします!

「幸せの鮮血」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ばけねこ

    シャンザ…掘れたのか?

    1
  • イルネス

    シャンザ…惚れたのか?

    1
コメントを書く