異世界転移に間に合わなかったので、転生して最強になろうと思う!

八百森 舞人

クラスメイトに会ったが、七日会わざれば刮目する!

 何故教室は二階にあるのだろうか?
 俺はそんな疑問を持ったまま二人を抱えたままクラス棟までの千メートル弱を傍目に映る他のクラスが軍隊のように整列しているのを見つつ歩き終え、教室のある二階へ続く階段を上り、最後の一段をしっかりと踏みしめる。二人分の重りがあるとはいえ、やはり運動不足なのか、頭がクラリとする。


 「はぁはぁ……疲れた……」


 俺は教室の前までやっとの思いでたどり着く。扉は閉まっているが鍵は掛かっていないようなので、二人を抱えたまま足で開けようと隙間に爪先を挿し込み、思い切り右から左へ……。


 バァァァン……ガラガラガラ。


 おっと、強化してたんだった……。
 扉は枠組みから外れ、派手な音を立てながら滑っていく。職員室の前へ。


 俺は開かれる職員室の扉より先に教室へ飛び込む。すると……。


 「ウォォラァアルトレアァァ!」


 という怒号と共にヒュンと後頭部を扉が掠める。悪寒が背筋を撫でるので名前を叫び声と融合しないで欲しいものだ。


 俺がギギギギとぎこちなく振り返ると、満面の笑みで両手を広げている先生がいた。どうやら怒っていないようだ。
 俺が思考停止していると、教室から声が聞こえる。


 「帰ったか……」


 和樹の声だ。俺はロイルとアリスをおろし、立ち上がる。


 「おう! ただいま……ま……」


 俺は出来る限り疲れをねじ込もうと笑顔で振り返る。
 一週間前、俺達が飛ばされた時、和樹もハイデ姉妹と共に縛られていたのだ。俺達のようにどこかへ飛ばされたのだろうと予測していたので、とりあえず無事で良かった。そんな安堵の笑顔で振り返った先には勿論和樹がいる。


 あの無口無表情だったハイデ姉妹が笑顔で両腕にしがみつき、まさに両手に花状態で。


 俺は咄嗟に『ファイアー・ボール』を放っていた。

「異世界転移に間に合わなかったので、転生して最強になろうと思う!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く