異世界転移に間に合わなかったので、転生して最強になろうと思う!

八百森 舞人

サバイバル学習、四日目 早朝!

 「んぁ……っつ」


 俺は不意に目を覚ます。目を開けると少しの明かりが目に入る。……それと同時に頭がズキズキと痛む。まだ夜明け前のようだが少し肌寒いので俺は焚き火でもおこそうかと起き上がろうとする。
 すると脚に何か乗っているような感覚を覚える。何かと思って見ればアリスの腕だった。あまり覚えてはいないが確か昨日、アリスが寝袋を譲ってくれたんだっけ……。俺は少し雑ではあるがアリスに寝袋を被せ、外に出る。


 外に出て深呼吸するも、依然として頭痛は治まらない。むしろ酷くなって来る。何か毒でもくらったか? と、一瞬思ったが、違う。最近はあまりなかった為、忘れていたが、この痛みはMP不足の時の痛みだ。念のため『ステータス』で確認するが138/5000となっており、現在も八秒に一つのペースで減っている。


 俺はアイテムボックスから一昨日に作ったばかりのMP回復ポーションを飲み干す。苦味と少しの青臭さが喉に張り付くが、思ったより回復しない。これは明らかに異常だ――そう俺が認知した時には既に遅かった……。


 突如、もしくは刹那と表すべきだろうか? 俺のMPが一度に下がった。百の位から十の位へ、十の位から一の位へ。そして、そして。俺は意識を失った。しかし最後に見えたステータスではMPがマイナス二千の数値を叩き出していた。それがどんな数字なのか考えられる意識もなく……ただ、感じた事と言えば太陽が眩しかった事位だろうか?

「異世界転移に間に合わなかったので、転生して最強になろうと思う!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く