オタクと元ヤクザが結婚したら…

かのちゃん

21 由香の就職活動!

私、皇牙由香、27歳!
息子の由太郎が大きくなったので、就職活動を地道に行っております!

「ただいまぁ。」

「お帰り。」

由ちゃーん。おりこうさんにしてたぁ?

「う〜!」

遼ちゃんがちょうど、仕事がお休みでよかったぁ。

「ハローワークどうだった?」

何件か求人票もらったよ。
明日面接があるから、行ってくるね。

「なあ。思ったんだけどよぉ。」

ん?

「由太郎はどーするんだ?」

託児所に預けるよ。
託児所がある職場がいっぱいあったから、働きながら由ちゃんの様子が見られるしね。

「……ちっ。」

あれっ?遼ちゃん、不機嫌そう。
ハハーン。私が働き出したら、由ちゃんと家にいる時間が短くなるから、寂しいんだねぇ〜。

「ち、ちげーよ!!」

顔、真っ赤。わかりやすいなぁ。
あと、明日は由ちゃんも連れていくよ。託児所の先生も、面接に出るって。

「そうか。頑張れよ!」

うん!


                  




次の日。
私は由ちゃんを連れて、面接先の会社へ。
社長さん、専務、部長、人事部長と託児所の先生と面談……緊張するなぁ。

「由香さんは、○○大学出身なんですね。」

「優秀ですなぁ。」

えへへへ。
これってもしや、就職決定!?

「ん?皇牙?」

社長の目が、私の履歴書の苗字の方へ。

「確か……暴力団体の名前だったよね?君の旦那さんは、その組長だったの?」

はい!け、結婚して辞めて、今は真面目に建築会社で働いています!

「……。」

急に、社長と専務と人事部長と託児所の先生が、黙り込んだ。
しばらくして、社長が難しい顔になって、口を開いた。

「……申し訳ないけど、君をここには雇うことができない。」

えっ!?なんで!?

「業績はよくて、本当はうちに迎えてもらおうと思ったんだけどね、旦那さんが元ヤクザだったら、会社としては、悪い影響を受けるんじゃないかなと不安でね。」

「新人社員の旦那が元反社と知られたら、うちの業績が悪くなるし……。」

「……とのことだから、今日のところは、帰ってもらっていいかな?」

そんな……。せっかく、いい反応してくれたのに……。旦那が元反社との理由で、不合格になるなんて。

「……わかりました。失礼しました。」

私は、四人に一礼してから、面接室から出て行った。






落ちちゃったなぁ。
次の会社の面接も、大丈夫かな?
ガチャッ。

「ただいまぁ。」

「お帰り。どうだった?」

……だめだった。

「えっ!?」

「新人社員の旦那が元反社と知られたら、会社に悪影響を及ぼすってさ。たったそれだけの理由で、だめになるなんて……。」

「……ごめんな。俺のせいだよな。」

「ううん。遼ちゃんのせいじゃないよ。私もそれを覚悟して、面接受けたし。心配しないで。次の会社の面接も受けるから。」

「由香……。」

遼ちゃん。ご飯作ってくれてありがとう。
昼ご飯にしよう。

「ああ。」






翌日。次に向かったのは、託児所がある、デザイン会社。

「ここへ雇ってもらってもいいですよ。」

本当ですか!?

「ただ……。」

ただ?

「託児所の方が、満員になってるんですよねぇ。」

そ、そうなんですか!?

「申し訳ございません。」

託児所の先生が、深々と頭を下げた。
私、口がポカーン。






次の日も、次の日も。会社の面接を受けるけど、旦那が元反社と理由で落とされたり、託児所が満員だったり、書類選考で落ちたり……ずっと、不合格の日々が続いていた……。
今日受けた会社も、だめだった。
はあ〜。私を雇ってくれる会社は、どこにあるんだろぉ?
と、下を向きながら、帰り道を歩いていた、その時!

「うえ〜ん、うえ〜ん!」

由ちゃんが泣き出した!
ああ!どうしたの?おっぱい飲みたいの?
どうしよう……ここら辺、公園がないし……。
ミルク、作るの忘れちゃったし……どうしたらいいの?

「あら!あなたは……。」

ん?あの、黒髪のショートヘアーで、黒いスーツを着ている、おばさんは……あ!
新幹線で、怖いおじさんに説教した、女の人!

「こんなところに会うなんて……。」

あ、あの時はお世話になり……。

「うえ〜ん、うえ〜ん!」

……。

「お腹が空いてるのね。よかったら、うちへ来ない?」

えっ?うちに?

「ええ。会社がここの近くだからね。」

あ、ありがとうございます……。






黒髪のおばさんの名前は、今泉果歩さん。
働いている会社は、家族経営している、今泉食品会社。
旦那さんは、副社長で、旦那さんの父親は、3代目の社長さん。
上の娘さんも、会社で働いていて、果歩さんと娘さんを含めて、事務職員は、4人。計6名で働いている、小さな会社だって。
由ちゃんを連れて、果歩さんと家政婦の高町紗枝さんに案内され、奥にある休憩室で、おっぱいを飲ませることに。

「んっく、んっく……。」

わざわざありがとうございます。また、助けてもらって。

「いえいえ!」

「う〜!」

うふふふふ。美味しかったね。

「ん?」

果歩さんが、私の履歴書を取った。

「就活中?」

はい……。この子がおおきくなったので、働きながら、この子を預けてもらえるところを探してるんです。
けど、どこもだめで……。

「そうなの。○○会社って、あの有名な保険会社よね?どうして会社辞めちゃったの?」

……。

「なにか、あったみたいね。」

正直に話そう。
私は、遼ちゃんが元ヤクザだったことと、結婚するまで色々あったことなどを話した。

「……そう。大変だったわね。」

はい……。どこも、旦那が元反社だからって、雇ってくれるところがなくて……あたりまえですが。
すると、果歩さんが、にこっと笑って。

「よかったら、ここで働かない?」

えっ!?

「ちょうど、1人辞めちゃってね。人事募集をしてたところなの。」

い、いいんですか?

「ええ。旦那さんのことなんか、全然気にしないわ。お義父さんもきっと、喜んで迎えてくれるわ。」

や、優しい……。でも、由ちゃんは……?

「息子さんなら、私に任せてちょうだい!こう見えて、保育士免許は持ってるのよ!」

高町さんが、ガッツポーズをした。
そ、それじゃあ……よろしくお願いしますっ!

「よろしくね、由香さん。」

私の新しい職場が見つかった!
これから、どんな毎日になるんだろ。
楽しみだなぁ。

続く!

「オタクと元ヤクザが結婚したら…」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く