オタクと元ヤクザが結婚したら…

かのちゃん

12 遼ちゃんの就職は困難??

「遼ちゃんさんが働きたいって?」

そう。

「うーん……遼ちゃんさん、昔はヤクザの組長やってたから、社会でやっていけるのか心配よね……。」

私は遼ちゃんの好きにしていいって言ったんだけどぉ……やっぱり不安しかない。

「無事就職できるかどうかだよね。」

「け、けどさ!家族の為に働きたいって言い出したんでしょ?だったら応援するしかないんじゃない?」

花……。

「不安や心配がまだあると思うけど……とにかく笑顔で見守ろうよ!由ちゃんも、パパ応援したいよね〜。」

「う、う〜!」

「花の言う通りだね。」

「無事就職できるかじゃなくて、就職できる!てこと、考えたらいいよね。」

「前向きに。私達も応援するからさ!」

美咲、美紅、花……うん!ありがとう!
やっぱり、この3人に相談したら、スッキリするよ!






遼ちゃんは、ハローワークに紹介してもらった、職場の面接を受けてる。
前向きに……笑顔で……か。
頑張ろう。3人の未来のために!

「ただいまあ。」

あ!お帰り!
遼ちゃんは、帰ってきた後、由ちゃんを抱っこした。

「由太郎、おりこうさんにしてたか?」

「う!」

遼ちゃん……どうだった?

「……聞きたいか?」

うん。
なんか、元気なさそうな顔だけど……。

「……だめだった。」

そう……。

「また、別のを受ける。」

……うん!頑張って!遼ちゃんの就職のために、私も頑張ると決めたから!

「由香……。」

ささ、ご飯食べよっ!






「まただめだった……。」

どうして?

「……顔が。」

「まあ、遼太郎さんは昔っからそんな顔ですもんね。」

「……!」

りょ、遼ちゃんが、テルくんを怖い顔で睨んでる!

「すすすすすみませーーーーーん!!」

「あと、バレたんだ。昔のこと。」

あちゃー……。

「散々悪さをしたやつが、うちに来て就職したいのなんだのかんだのいうより、自分の人生をもう一度歩み直せって言われた。」

ひどい……そこまで言わなくてもいいのに。

「それが現実なんですよ、由香ちゃん。」

テルくん……。

「遼太郎さん、うちで働きません?」

そういえばテルくんちは、雑貨屋だったね!

「ありがとな。けど、お前んちにお世話になりたくねえんだ。ごめんな。」

「そうなんですか……。」

「明日もう一度、面接があるから。」

うん!頑張って!

「応援します!」






面接が終わった夜道……1人でトボトボ歩いていた。
今日もだめだった……顔と経歴で……。
どうしよう、これから……。テルんちに世話になるか?
そうするしかない……。

「おや?遼太郎じゃねえか!」

誰かが俺を呼んでる。
後ろを振り向くと……お!?
黒いリーゼントで、髭を生やしていて、赤の半袖のジャケットを着ていて、白のTシャツを着ていて、ヒョウ柄のステテコを履いていて、黒のサンダルを履いていて、右手にコンビニの袋を持っているジジーは……。

「竜次!?」

「久しぶりだなあ!何年振りか?」

「10年振りだ。」

俺の皇牙組を建てる前にいた組の元仲間、長瀬竜次。39歳。

「ニュース観たぜ!有名人みてえだったなあ!」

竜次がいきなり、俺の肩を組んできた。
ゆ、有名人って……よせよ。濡れ衣着せられただけだし。

「今、どうしてんだ?」

妻と息子がいる。

「結婚してんのか!」

ああ。

「おめでとさん♪なあ、仕事何もやってねえだろ?」

今就活中だ。今んとこ、雇って貰うところはねえな。

「そうか……ならさ、俺んとこで働かね?」

お前のとこで?

「ああ。いい儲け話になると思うけどよぉ……。」

その話、詳しく聞きてえな……。







えっ!?就職決まった!?

「たまたま、知り合いと会ってさ、明日からそこで働くようになった。建設業の事務作業で、時給もいいしな。」

本当に大丈夫なの?そこ。

「大丈夫だろ!」

……怪しい。
けどいっか!遼ちゃんの就職が無事決まったし!

「明日から頑張ってね、遼ちゃん!」

すると、遼ちゃんは、顔を赤くして、由ちゃんの方を向いた。

「お、おう……。」

あれ?照れてるの?

「さっさとご飯にすっぞ。」

はーい。
これからがますます楽しみになってきた♪

続く!

「オタクと元ヤクザが結婚したら…」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く