オタクと元ヤクザが結婚したら…

かのちゃん

10 トラブル満載の新幹線!?

2ヶ月後。
由ちゃんはすっかり大きくなって、首が座り、手足をじたばたさせたりと……成長しました!
同級生と夏祭りに出かけたり、親戚でお盆を過ごしたりと……地元で楽しみました!
そして今日!由ちゃんを連れて、東京に戻ることに。
駅にはお父さん、お母さん、麦ちゃんがお見送りに!

「なんか寂しかね〜。」

「いっとき由ちゃんと会えんね……。」

お正月には戻ってくるよ!

「いつでも待っとるよ〜。」

「お年玉、たくさんあげるけんね〜。」

「う〜!」

うふふふふ。

「次来たら、めいと遊んでね〜。」

麦ちゃん、ありがとね〜。

「由香。そろそろ出るぞ。」

あ、うん!
私は、新幹線に乗った。

「じゃあね!また来るけんね〜!」

私は3人に扉が閉まるまで手を振った。







由ちゃーん。景色が綺麗だね〜。

「初めての新幹線、わくわくするな〜。」

「う〜。」

由ちゃん、景色には興味ないね。

「ずっとお前の方見てる。」

あ!そうだ!
ボーダブルDVDプレイヤーを出して、子供番組のDVDを挿入して……。

「う、う!」

アハハ。ずっとそれが見たかったのね……。

「アニメ好きなのは、由香にそっくりだな。」

ふふーん!私の英才教育が、効いたのかな?

「どんな英才教育をしたんだよ。」

私が実家で、イケメンアイドルのアニメを観ていたら、横ですごく笑ってて!こりゃあもしや……?と思って、イケメン三国志のアニメを観せたら、超〜笑ってたんだよぉ!

「由太郎の将来が、不安しかなくなった……。」

大阪駅に着いた時点で、とんでもないハプニングが起きてしまった!

「ちょっとそこのご夫婦さん。隣いいですかい?」

はい……って、うわあ〜。
遼ちゃんより強面で、ピアスを付けて、ヒョウ柄の半袖を着た、おじさんが、遼ちゃんの隣に座ったよ〜。
この人……ひょっとして、ヤクザ??

「うえ〜ん、うえ〜ん!」

ああ!由ちゃんが泣いてしまった!
よーしよーし。泣かないでぇ〜。

「うえ〜ん、うえ〜ん!」

どうしよう……泣き声がいつもより大きくなってるよ〜。

「おい!姉ちゃん!!」

ひぃぃぃぃぃぃ!ど、怒鳴られたぁ〜!!

「はよーガキを泣き止ませろ!!うるさくて寝ることできひんやないかい!!」

す、すみません……。
こういう人いるよね。子供が泣いてるのに怒鳴る人。

「どら、俺が由太郎を泣き止ませるから、代われ。」

う、うん……私は、遼ちゃんに由ちゃんを渡した。

「ん?」

おじさんが、遼ちゃんの顔をじーっと見てる……。

「そういやお前さん。どこかで見たことある顔やと思ったら、皇牙組のところの皇牙遼太郎やんけ!裏社会から消えたと思うたら、ベビーシッターやっとるのかい!」

「……俺は、この子の父親だ。」

「ぷっ!ぷはははは!ヤクザ辞めて、父親になったんかい!誰もが恐れられていた皇牙遼太郎が父親なんてな〜!聞いたら笑いが止まらへんくなったぁ〜!ニュース観たで!自分の仲間を殺した濡れ衣潜んでいた組のやつに着せられ、見事無実を証明したって!よー留置所から出られたなあ!お疲れ様でしたぁ!アハハハハハハ!!」

この人、声でかい……。

「……!!」

遼ちゃん!怒りを抑えて!
遼ちゃん……おじさんを殴ろうとしてる……。
このままじゃ、遼ちゃんが人を殴って、また警察沙汰になってしまう……。

「ちょっと!」

「ああん?」

おじさんが振り向くと、黒髪のショートヘアーで、半袖のシャツを着ている、おばさんが立っていた。

「あなたの方がうるさいですよ!!ここは、新幹線!みんなが目的地に向かうために使う、乗り物!そういうところで、人を馬鹿にしたり、大笑いする人は、二度と乗らないで!!それと、赤ちゃんは泣くのが仕事だから、怒鳴らいで!!」

「……ちっ。ほな、さいなら。」

おじさんが、遼ちゃんの隣から離れると、おばさんがにこっと微笑みながら、遼の隣の席に座った。

「ありがとうございます。」

「いえいえ〜。ずっと前の席で聞いてたから、黙ってられなくて。」

「すみません……。」

「う!」

「うふふ。可愛いわね〜。お名前は?」

由太郎です!

「由太郎くんね〜。お父さんにそっくりね〜。」

おばさんが、由ちゃんの手を握った。
その後は、何事もなく、東京駅に着き、おばさんと別れて、輝くんが運転する車で家に向かった!

「へえー。災難でしたねえ。」

そのおばさんがいなかったら、今頃どーしていたか。

「あ!ここですね!」

輝くんが停めた先は、綺麗なマンション。

「……おい。」

遼ちゃんが、ドス低い声を出した!

「ひぃぃぃぃぃぃ!な、なんですかー!?」

「そこ、家じゃねえ。」

「えーっ!?」

「真っ直ぐ行け。」

「は、はいーっ!」


道を真っ直ぐ行くと……。

「ここだ。」

「えっ……。」

着いたのはオンボロアパート……。
輝くん、めっちゃ驚いてる……。

「ここが……遼太郎さんと由香ちゃんの、愛の住家……?」

「悪いか。」

「い、いえーっ!」

続く!

「オタクと元ヤクザが結婚したら…」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く