オタクと元ヤクザが結婚したら…

かのちゃん

08 ドタバタの子育て!

一週間ぶりの我が家!ただいま!
そしてそして!由ちゃ〜ん♡ママのおうちへようこそ〜♡
……なんて言ってる場合はなく、家に着いて由ちゃんをベッドに寝かしてソファーでぐったり寝てます。
疲れたぁ〜。
由ちゃんが産まれてから、同室になったんだけどぉ……おっぱいやって、オムツ替えたりして……母は寝る間もなく、入院生活を送りました。
改めて、お母さんは忙しいなあと思いました……。

「醤油ば入れて。」

「はい!」

遼ちゃん、料理作ってるの?

「あんたが入院しとる間、ご飯を一緒に作っとっとよ。」

「向こうに帰ったら、俺が家事しないといけないしなあ。由香と由太郎のために、頑張らないとと思って。」

知らなかったなあ。

「こんにちは〜。」

あ、麦ちゃんだ!

「ゆうちゃーん!」

めいちゃんが、由ちゃんが寝てるベッドにやってきた!

「ゆうちゃん、おかえり!めいとあそぼー!」

めいちゃん、ごめんねえ。ゆうちゃん、まだ遊べないの。もう少し大きくなったら、遊べるよ〜。

「えー?」

「めいにもそんな時期があったとよ。」

「ゆかちゃん!えほんよんで!」

「由香ちゃんは疲れてるから、休ませてあげないと。」

大丈夫ばい。絵本読んであげる。

「やったあ!」

「本当にごめんねえ。」

よかよ。気にせんちゃ。めいちゃん、何読んでもらいたい?

「ゆかちゃーん、よんでー!」

と、めいちゃんが絵本を持ってきた、その時!

「うえええええええん!!」

由ちゃんが泣き出したぁ!
おー、よしよしよし。おっぱいかなー?

「ゆかちゃーん、えほーん。」

ごめんねえ。ゆうちゃんにおっぱい飲ませるから。あとで読んであげる。

「えー?」

「授乳クッション、持ってこようか?」

うん。助かる。






ふう〜。おっぱい飲ませて、ゲップさせて、寝かして、めいちゃんに絵本を読ませて、疲れたなあ。

「さ!たくさんよかもん食べて、いいお乳を由ちゃんにやらんば!」

ありがとう、お母さん。

「うえええん!!」

遼ちゃん、見てやって!

「わかった。」

遼ちゃんは、由ちゃんのベッドにやってきて、抱っこした。

「おっぱい、さっき飲んだろ?今度は……!?お、おい!オムツだぞ!しかもでかい方!」

ええーっ!?

「うえええええん!!」

はいはい、今替えますからねえ。
お食事中の皆さん、ごめんなさい。
……ふう。終わったあ〜。
これからもっと、大変になるけど、遼ちゃんと由ちゃんと一緒に、乗り越えよう。
そう決めたんだもん!

続く!

「オタクと元ヤクザが結婚したら…」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く