幸せに暮らしたいだけなのに

ヒロ

模擬戦

「よし、来い!」
「はい!」
そんな言葉を交わしてから、蒼太はライオスさんに切りかかった。しかしライオスさんに簡単に避けられてしまう。そしてライオスさんの切りつけを蒼太は盾で防ぐが、軽く吹き飛ばされている。だが、上手く距離を取ることが出来、ここぞとばかりに蒼太はスキルを発動させた。
「守備強化!」
すると蒼太の体がぼんやり光るようになった。
そしてまたライオスさんに切りかかるが、今度は流されそのまま蹴りを受けた。吹き飛ぶのは堪えたがかなり効いてる様子だった。その様子を見て、ライオスさんは
「突っ込む勇気は認めるが、2度も同じことをやるだけではダメだ。そのまま休んでろと言いたいが、少しどいてくれ。直に回復魔法を使えるものが来るそれまで我慢だ。」
そして俺達の方を見て、
「次に戦いたいやつは前にでろ」
俺達は颯太の様子を見て、動けずにいた。その中で陽太が前に出た。
「よし、次はお前か。」
「ライオスさん。確認ですがスキルを使ってもいいんですね?」
「ああ。むしろどんどん使え」
「分かりました。」
そして陽太は短剣を片手に突っ込んで行った。
そしてライオスさんの間合いに入った瞬間、後ろに飛んだ。すると陽太の目の前をライオスさんの両手剣が通った。
「ほぉ、これを避けるか。」
ライオスさんはそう言って、嬉しそうに笑った。そして陽太は再び突っ込み今度は短剣をライオスさんの胸板を狙って突き出した。だがライオスさんに躱され、ついでと言う感じで剣を横に振った。当たったように見えた瞬間、
「陽炎!」
そう言った陽太の姿が見えなくなった。これにはライオスさんも驚いていた。そしてあたりを見渡していたライオスさんの首にいつのまにか陽太の短剣が当たっていた。
「これでいいですか?」
「想像以上だな・・・。お前の実力は分かった。もう下がってくれて構わない。」
褒美は何かないかと期待していた顔をしていた陽太は少しガッカリしながら下がって行った。そして順番に皆が模擬戦をしていた。そして聖の番になった。
「行きます!ファイアショット!」
聖は魔法を放ちながら突っ込んで行った。
・・なんか思ってたよりしょぼいな。
そしてライオスさんの剣と何回も切り合いになりながら戦っていたが、最後には蒼太と同じ結果になった。そして皆やられてゆき、残ったのは俺だけになった。
「今回はとてもいいのが1人、伸びそうなのは2人居るからな、先が楽しみだ。最後はお前だな。」
「どうぞお手柔らかに・・・」
「それは難しいな。これでもだいぶ手加減してるし。」
これでかよ・・
「それじゃあ、行きますよ。」
俺は木剣を片手に突っ込んで行こうとしたが、ライオスさんの間合いに入った瞬間、嫌な予感がしたので、斜めに受けるように剣を構えたら、ライオスさんの剣が真横から来て、俺の剣を滑るように流れて行った。そしてライオスさんは
「この様な芸当が出来るものがいるとは、」
と、とても驚いていたが、
「面白い。これは少しは楽しめそうだな。」
陽太の時よりも嬉しそうに、それこそ子供が新しいおもちゃを貰った時のように笑った。

「幸せに暮らしたいだけなのに」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く