話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

なぜ俺は異世界に来てしまったのだろう?~ヘタレの勇者~

時雨古鷹

神界

(じっちゃんに殺されるとかやばすぎだろ。てゆうか神様に会うってどうかしてるだろ)

「なにを考えているかわかっておるぞ。」

 おそるおそる顔を上げる。目に飛び込んできた光景は、長いひげをはやした老人が立っていた。

「あなたが神様ですか?」

「ああ、もう一つの世界、お前には異世界といったほうがわかりやすいかな。儂はその異世界の神、リトリじゃ」

(神様の頭ちょいハゲー)

「なにを考えているかわかるぞ」

「ところでリトリ様、俺今からなにするんですか?」

 気になった質問をぶつけてみる。リトリは少し考えたそぶりを見せてから答えた。

「お前はクラスの奴らに復讐したいと思っているのじゃろう?」

「はい、復讐したいと思っています。だけど俺は死んだ。復讐できないのでは?」

「いやいやそんなこたぁない。なぜなら異世界にクラスの奴が全員いっているのだから。」

「それはどうゆう意味ですか?」

「クラスの奴は異世界にある国、マンナンが戦争に勝つため呼んだんじゃ。勇者として。お前は逆にもう死んでおったからなよびだされんかったわけじゃ。そんなお前を儂がマンナンが戦争を仕掛ける国、シンナレにお前を勇者としてくださいと頼みにいったんじゃ。そして了解してもらった。儂が復讐のきかいをつくってやったと同時に新たな人生をお前にやったんじゃ。」

「わかりました。俺は勇者としていきます。」

「うむではいくぞ、手を握れ」

「はいっ!」

 ここからが優の復讐だ

「なぜ俺は異世界に来てしまったのだろう?~ヘタレの勇者~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く