話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

なぜ俺は異世界に来てしまったのだろう?~ヘタレの勇者~

時雨古鷹

事故

「もう一度あいつに聞いてみよう。今日は帰っていいぞ。」

「わかりました。これで失礼します。」

 優は挨拶し指導室をでて生徒玄関に歩き始める。

(コンビニでなんかかって帰ろう)

 ウィーン

 いつもは賑わっている店内も少し寂しい。

 コーヒーを買いコンビニをでて歩きはじめる。

 コツコツコツコツ、家に帰ると買ってきたコーヒーを飲みベットに転がる。数秒でまぶたが重くなり、眠りに落ちた。







南無妙法蓮華経

 なぜお経が聞こえるんだ。誰も死んでないだろう?あたりを見渡すと、担任の先生、教頭先生、校長先生が涙を流しながらうつむいている。葬式なのは確かにわかった。俺は遺体を見ようと棺桶に向かうが、誰も止めない。遺体の顔を見るまえにお経が終わる。話があるだろうと思い立ち止まる。





「これより、野口優様のご親族より話があります。」



































え……………















 優は目覚めた。

(はあ夢か)

 今日は学校はないが、いとこがくる。ジュースを買いにいこうとし不意に寒気が走る。

 外に出るとボールが道路に転がっている。

タッタッタッタッ。

 5歳くらいの女の子が道路に飛び出す。

 キーー

 トラックが迫ってくる。運転手は急ブレーキをかけるが遅い。優は決死の覚悟で女の子を助けようと道路に走る。きっと女の子の母親だろうけんめいに呼び戻そうとしている。

ドンっ!!

 優は女の子を突き飛ばしボールも投げる。その瞬間……

ドカーン……バタン

 腹のあたりが熱いけんめいに顔を上げようとするが力がでない。

「お兄ちゃん!!」

 女の子が走ってくる。そのあと母親、トラック運転手が続く。

「大丈夫か今すぐ救急車呼ぶからな!」

 トラック運転手がけんめいに声をかけ続ける。母親が救急車要請をする。優は女の子に問いかける。

「け……がは………なかった……か?」

「うんないよ。死なないで!お兄ちゃん!!」

朦朧とした意識の中女の子の声が聞こえたのを最後に意識がなくなった。

「なぜ俺は異世界に来てしまったのだろう?~ヘタレの勇者~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く