最強剣士異世界で無双する

夢見叶

第129話 一回戦 9

 男の放ったサンダーショットをスルーしてとこへと突っ込んでいく。それに対して、

「そんな事したって無駄さ!」

 何を思ったのかそんな事を言ってくる。

 背後から迫ってくるサンダーショット。

 俺は男の目の前まで来たところで攻撃を仕掛けていく。だがそれを軽くかわしてくるが、俺はその隙を突き、サンダーショット切り裂いて消滅させる。

 魔法を消滅刺せても男の顔から余裕の表情が消えない。

「これならどうだ!」

 先程と同じサンダーショットを五発放ってくるが、その全て切り裂いて見せた。今度は変な小細工などせずに剣速だけを上げて切り裂いていく。差の早さに回避させることが出来ず終った。

「これで終わりですか?」

 少し挑発気味に言ってみると、明らかに怒りを表に出してきた。

「たかが最下位Sランク冒険者風情が調子に乗るなよ」

 今度は雷の矢が数本こちらに向って放たれる。

 先程と同じかと思い、切り裂こうと剣を振ってみるとやはり雷の矢は剣を避けて俺の方へと飛んで来る。

「は~」

 俺は思わずため息をついてしまった。

 いくら何でもサンダーショットからサンダーアローに切り替えただけでそれ以外が全く同じだけの魔法なんて普通使ってかないだろう。そんな事を思わず考えてしまった。

 サンダーショットと同じく剣で切り裂いてやる。

「!!」

 驚きのあまり声が出ない男。

 俺自身、この男から何も学ぶことがないと思いそろそろこの戦いも終らそうかと思った時、

「サンダーイーグル」

 聞いたこと無い魔法名が聞こえた。それと同士に雷で作られた鳥が三羽現われた。

   雷の鳥たちは俺に向って真っ直ぐに飛んで来る。また男が操っていると思いさっきのサンダーショットと同じように剣で切ろうと考えたのだが、今度は先程のように消滅させることが出来ずにかわされてしまう。男が反応出来ない速度で剣を振ったはずなのにもかかわらずかわされてしまった。しかも三匹ともが別々の方向へと逃げている。

「驚いてくれて嬉しいよ」

 サンダーイーグルに戸惑っている俺に対して声を掛けてくル。その顔は俺を見下すような余裕の表情。

「この魔法は俺の意思で操っていない。だからお前がどんな小細工をしてこようが関係ないのさ。それにだ」

 男はそこで言葉を切ると同時に姿を消した。俺は、完全に男の姿を見失うと同時に腹に打撃を受けていた。

「何を!?」

「教えるかよ」

 その瞬間、頭の中でシェリーの使っている魔法が頭に浮かんだ。雷装、雷の魔法を纏わせて自身の能力を上げる魔法。それに学院にいるときに戦った三年の先輩が足に纏わせていた雷の魔法の事が頭に浮かんできた。

 昨晩、ミカにあんなことを言った以上前回のように結界で防ぐことが出来ない。それに、男とは別方向からサンダーイーグルが飛んでくる。

 正直どうしようかと頭を悩ませていると、

「これで終わりか?」

 ニヤリと言ってくる。

 一回戦では使わないようにしようと考えていたが相手がランキング四位のチームなら少し位は使っても良いかと思い、

「いえいえ、戦いはこれからですよ。ただ、あなたが俺のスピードについてこられたらですけどね」

 俺は、自身が出せる最大の力で地面を蹴り近づいていく。ただ真っ正面から突っ込むのでなく左右に動きながら的を絞らせない。

 後ろからこちらに向ってくるサンダーイーグル達も近づいてくるが的が絞れずにいた。

 男の正面に来た瞬間俺は、先程よりもスピードを上げて右へと動く。

「大口を叩いてこの程度か! 雑魚が」

 誰も居ない所に魔法を放つ。

「!!」

 何が起こったのか分からないと言う顔をしている。

 俺は男の正面に一つの残像を作っていた。そのため男は目の前に止まっている俺が見えたいたのである。だが。それはただの幻で俺はすでに男の左側面にいた。

「これで終わりです」

 その一言と同時に一撃を与えて男の意識を奪い取る。そして、雷鳴メンバー全員の戦闘不能が確認されると、

「ソウルメイトの勝利」

「うぉ~!」

 審判の声が上がるとすぐに観客達からもの凄い声が上がってきた。

 俺達は、舞台から降り控え室へと戻っていくのだった。

「最強剣士異世界で無双する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く