話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

剣帝と魔法帝の最強ライフ

ノベルバユーザー341003

謎の本

本のページをめくるとそこにはスキルの名前と、説明が書いてあった、一部破損してしまっているが読むだけなら支障はなさそうだ。


「えーと何々、これは、精霊眼って読むのか?」



【精霊眼】

その名前の通り精霊を見ることができるただし【@#?!#】が気に入らない事をすると災いが訪れるっと、説明にかいてあった


「くそっ、破けてこの大事な部分が見れない…まぁしかたないか…気に入らない事をしなければいいんだし」


【精霊眼を習得しました、今すぐ使用しますか?】


ん?どういうことだ?今まで習得はしても使用しますかなんて聞かれたことなかったのに…でもまぁ精霊が見れるならみてみたいし使ってみるか


「使用する!」


使用の許可をしたと同時に一つの声が聞こえてきた。声のする方に振り向くとそこには手のひらサイズの小さい女の子が浮かんでこちらを見ていた。その子は僕が振り向いたことに驚いたようで目を見開いていた


「なぁ、君は誰なんだ?」


とりあえずこのままと言うわけにも行かないので話しかけてみた女の子は相変わらず目を見開いていたが僕が話しかけたことにさらに驚いた様子だった。


「あなた、私が見えるの?!!」
 

「バッチリ見えてるけど…」


女の子の第一声は悲鳴にも近い叫び声だった。口をパクパクさせながら足を震えさせている、僕そんなに怖いかな…


「そ、そんな…これまで人間にバレないように過ごしていたのに、そもそも何で人間が私を見ることが出来るのよー!!こうなったら誘拐される前に自害するしか…」


「ちょっと待って!!!!!どうしてそうなるの?!」


「へっ?だって人間は私達精霊を誘拐するって友達が…」


「それ嘘言われてるだけじゃないのか?」


「確かにあの子わらってた…」


「…」


この子大丈夫だろうか?普通そんな冗談本気にするかね…それに少し考えれば冗談ってわかるだろ、スキルないかぎり精霊は見れないみたいなんだから誘拐なんてできないだろ…ちなみに精霊はずっと今にもなにそうな目で僕をみている、なんだか申し訳ない


「はぁ、君大丈夫?」


「えっ、あっうん!大丈夫ごめんね早とちりしちゃって、私は上位精霊!契約者がいないから名前はないけどそこそこ強いよ!あなた私と契約してもいいわよ!」


上位精霊と名乗った子はさっきとはうってかわって何故か胸をはりドヤ顔で、しかも上から目線で行ってきた。本当になんなんだこの子
















「剣帝と魔法帝の最強ライフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く