話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

剣帝と魔法帝の最強ライフ

ノベルバユーザー341003

騎士団

僕は今剣の練習をするために練習場に向かっている。本当なら今日はお父様に教えてもらうはずだったが、急な予定が入ったため、この国の騎士団に教えてもらうことになった。


この国の騎士団は他の国より数倍強くて整っているらしいしばらくして訓練場についた。そこにはたくさんの騎士団員がいて入ってすぐ剣と剣のぶつかる金属音が聞こえてきた。皆集中していて僕に気づいてないみたいだしょうがない、叫んでみよう


「あのー!すいません!剣をならいに来たアレクです!!」


すると一斉に剣を止め僕の方を見る。


(良かった…気づいてくれた)


僕来たことにきずくと一人の大きな人が近づいてきた、年齢は20後半位で青の髪に黒い目、結構なイケメンだ


「アレク様入らしたのですね。俺は騎士団長のウォーレンと言います。今日はよろしくお願いします。ところで!訓練場に穴を開けたのはアレク様なんですか?」


ウォーレンさんは僕が先日つくったクレーターを指で指す、くっ、これは言い逃れできない…しょうがないから正直に話そう


「はい…訓練場を壊してすいません。基本魔法を放ったら穴が空いてしまって…」 


すると周囲にざわめきがおこる


《基本魔法でこの威力か…》


《さすがはアレク様だ…》


「そうですか…教えてくれてありがとうございます。それでは剣の練習にはいりましょう」


そういうとウォーレンさんは僕に木刀をくれた。


ここからは基本魔法の時と同じような展だ、僕はウォーレンさんに剣の太刀筋を教えて貰いそれを繰り返した、するとウォーレンさんが、急に騎士団員と模擬戦をしてみてくれと言うとので、戦ってみたところあっさり勝利。そこで今度は騎士団長と戦うことになった

「アレク様手加減は要りませんよ、本気でお願いします。」


いや、手加減も何もないよ!今日初めて剣なんて持ったんだから!何言ってんのこの人!


「それでは…初め!」 


合図と同時にウォーレンさんが地面を蹴り僕に木刀を向けて近づいてくる。とても早そうに見えたが、何故だか僕にはスローモーションに見えた、なのでウォーレンさんが勢いよくつっこんで来たところを、華麗に避けそのままウォーレンさんの後ろへ周りを首に木刀を当てる


しばらくの静寂の後にハッとしたように審判が


「しょ…勝者アレク様!!」


うわ、マジか勝っちゃったよあの他の国より数倍強い騎士団長にこれはヤバい僕が色んな意味であたふたしているとウォーレンさんが悔しそうにしていた


「アレク様完敗です。魔法だけかと思っていましたが、剣も強いとは…練習でもしていたんですか?」


「アハハ…今日初めてのはず何ですけどね」


僕がこう言うと周囲の目は驚きから尊敬に変わる


「はじめでこの強さですか!もっと練習すれば凄いことになりそうですね!」


「そ、そうですね。それでは僕はこれで」


僕半分逃げるような勢いで訓練場から立ち去るすると後ろから


「お前たち!もっともっと練習量を増やすぞ!アレク様を守れる位に!!!!!」


えっ、騎士団かわいそう、あの練習より更にきついとか…見るからに皆顔がひきつっている中には涙目になっているものもいた。


「はぁ、疲れた…今日はお風呂に入って寝よう…」


僕はそう宣言してお風呂に入って寝るのだった、
 






「剣帝と魔法帝の最強ライフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く