話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

剣帝と魔法帝の最強ライフ

ノベルバユーザー341003

兄様

アレクは魔法の練習が終わった後、すぐにお風呂に入り汗を流した。そして自分の部屋に戻り今日の復習をした後メイドに 呼ばれた


「アレク様!ご飯ですよ!」


おっ、もうご飯か


「分かった!今行くー」


僕は急いで階段をおり食卓に入った


「おっ、やっときたか。それじゃあ」


「「「いただきます」」」


「あっ!!」


僕は目の前の光景に覚えがあり思わず声を出した、


「どうしたの?アレク」


「いや、何でもないです。」


僕は今日の夕飯を見て驚いていた!なんとカレーだったのだ!皆大好きなあの、カレーだ!異世界にもカレーとかあるんだなー!驚きながらもニヤニヤ顔でカレーを口に運ぶ

パクっ


「うん!美味しい!」


お父様とお母様は美味しそうにカレーを口に運んでいるやっぱりカレーは美味しいね!


「そういえばアレク、」


お母様が、口を開いた口調はいつものお母様だが雰囲気はとても真剣だ。


「アレクはこの国では第二王子に当たるんだけど、今度第一王子に当たるあなたの兄さんが帰って来ることになったのよ。あなたの兄さんはシアンと言うのだけど今、この国の学園に通っているのよ家にいないのは学園の寮に住んでいるからなの」


あー、だから一回も見たことなかったのか納得、


「で、シアンが帰ってきたらあなたが学園に行けるまで勉強を教えてもらおうと思うの、いい?」


勉強か、前世では学年トップだったし別に嫌いじゃないからいいけど、それに兄さんが先生って言うのも新鮮でいいかも!


「はい!別に構いませんよ!兄さんとも仲良くなりたいですし!」


「そう?良かった!後明後日あなたのお友達を作りに行くからね」


忘れてた!そういえば転生当日にそんなこと言ってたな!できれば魔法の練習したかったんだけどなー…しょうがないか


「はい…分かりました…」


「うん!分かったわ!」



こうして僕の今後の予定が決まった…



「剣帝と魔法帝の最強ライフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く