話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

剣帝と魔法帝の最強ライフ

ノベルバユーザー341003

メイドのライナとお母様

バタンッ!(ドアが開けられた音)


ドアが空いた直後ものすごい早さで二人の美人さんが近付いてきた



「アレク!起きたのですか?!」


一人の女性が問いかける、この人は僕のお母様で名をアイナール・ディア・スコールという


「大丈夫ですよ!お母様!ご心配ありがとうございます。でも、どうして僕が起きたと分かったのですか?」


「それはアレク様が叫んだと思われる声が私達のいた場所まで聞こえてきたので奥様にお伝えして急いで来たのです」


もう一人お母様と来ていたメイドさんが答えるこの人の名前はえっと…そう!ライナだ!
ちなみにライナは平民出身のため家名はないらしい


「ねぇ?アレク体調が良いなら来週にお友だちをつくりに他の王族の家にいこうと思うんだけどいいかしら?」


人使いが荒いな!今起きたばかりと言うことをわすれてない?まぁ別にいいけど友達もいないボッチはいやだし…


「分かりましたお母様!僕友達つくりにいきます!」


「分かったわ!アレク!それじゃあ10日後の朝に出発するから覚えていてねー!」


「覚えておきます!」


「ああ、アレクなんて健気なの!」


そういって僕にハグしようとしてきたすると、すかさず


「奥様、アレク様も起きたばかりですし、抱きつくのはよした方がよろしいと思います、それに奥様にはまだ終わってない仕事がございます。早く終わらせないと徹夜になりますよ?」


ライナが、笑顔で言い放った、しかし笑顔といっても目は笑っていない…ガチだ



「なっ?!仕事まだあるの?!それに徹夜って…ほんと?」


驚いた顔で聞き返すお母様、顔には冷や汗をかいている、


「冗談など言いません」


「えーもうちょっとだけ!…だめ?」 


「構いませんが私は今日忙しいのでお仕事を、手伝うことはできませんよ」 


「むぅー、しょうがないわね。」
 

ライナが手伝わないと言ったことで観念したのかお母様は再び僕に目を向けた


「…アレク何か必要な、モノとかある?」


お母様は諦めて仕事をするようだ 。それにしても、必要なモノか…魔法についての本とかあるかな?一応ここは異世界だし、どうせなら魔法使いたいなー…


「えっと…魔法についての本とか、ありますか?」


「あるわよ!後でメイドに持っていかせるわね!必要なモノはほかにもうない?」


「はい!もう大丈夫です!」


「奥様もういきますよ」


そういって冷徹なライナに強制的引きずられながら連れていかれたのだった…















「剣帝と魔法帝の最強ライフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く