魂狩りのダンジョンマスター ~慈悲も容赦も持ち合わせておりません!~

カルディ

第66話 信頼


「無理ではないです。今日は葵さんのやりたいことをやるという約束ですし、大丈夫ですよ。魔法の練習の埋め合わせもありますしね」
「本当ですか?」
「ここで嘘なんてつきませんよ。嘘をついてもすぐにバレるでしょうし」
「それはそうですけど、流石に断られると思って‥‥‥」

 僕の返事を聞いて、葵さんは真っ赤な顔のまま、小さくなった声で言葉を返した。
 
 僕には躊躇う理由こそあれど、断る理由はない。
 それに‥‥‥こんなことを頼んだのには理由があるはずだ。
 断られる可能性が高いと思っていても、頼んだ理由が。
 それを放置しておくなんてことは出来ない。

「ほら、決まったことですし人が見ていない今の内に部屋に入りましょう。流石にこんな時間に一緒の部屋に入ったのを見られたら良からぬ噂をされるでしょうから」
「あ、わ、分かりました‥‥‥」

 葵さんを部屋に入らせた後、自分も部屋に入る。
 そして、お互いに見えない場所に移動して体を拭いて清潔にした後に、一緒にベッドに入った。
 特に言葉を交わすこともなく、二人で仰向けで。

 僕の腕と葵さんの腕が触れる。
 一人用のベッドなので、どうしても体が接触してしまうのだ。
 
 流石に少し緊張する。
 だけど‥‥‥それ以上に心地良い。
 意識していないと僕の方が先に眠ってしまいそうになるくらいに。
 
 そうして、不思議な心地よさに浸って少し静かな時間が過ぎた頃、葵さんが口を開いた。
 
「努君‥‥‥ちょっと、こちらの方を向いてもらっていいですか?」
「ん、いいですよ‥‥‥はい、これで大丈夫で――」

 突然、ポスンと、同じく横向きになった葵さんが僕の胸に頭をうずめてきた。
 葵さんの体温が直に伝わってくる。
 
「葵さん?」
「‥‥‥ちょっとだけ、このままにさせてください。ごめんなさい、ちょっとだけでいいので‥‥‥」

 頭をうずめた状態で、くぐもった声で、葵さんはそう言った。
 それに対して僕は‥‥‥言葉は返さなかった。
 ただ、そっと両手を回して、葵さんの頭を包み込んだ。

 どうしていきなりこんなことを求め始めたのかは、分からない。
 だけど、僕を信用して、頼ってしていることだというのははっきり分かる。

 だから、僕も態度ではっきり示すことにしたのだ。
 ちょっとだけじゃなくてもいいと。
 ちゃんと、受け入れ続けると。

 ‥‥‥こうして、また少しの間、静かな時間が流れた。
 そして、また葵さんの声によって静寂は終わった。

「もう大丈夫です。ありがとうございます、努君」
「礼を言われるほどのことはしてないですよ。お互い様です」

 僕は回していた腕を元に戻してそう言った。

「‥‥‥あのね、努君、私、悩みがあるんです」
「悩み、ですか?」
「はい、私の好きな人に迷惑をかけちゃうかもしれない、悩みがあるんです」

 そう言った後、葵さんはその悩みについて話し始めた。

「魂狩りのダンジョンマスター ~慈悲も容赦も持ち合わせておりません!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く