魂狩りのダンジョンマスター ~慈悲も容赦も持ち合わせておりません!~

カルディ

幕間 篠宮 努という男の過去④

 
 翌日、僕は【俺】に切り替えずに学校に行った。
 いじめの解決という、この実に道徳的な目標を達成するためには、僕が色々と動かなければならない。
 【俺】には授業と会話のときだけ切り替えるつもりだ。

 教室に行くと、僕のロッカーの中身が荒らされていた。
 中に入っていた教科書やノートに僕への悪意を含む落書きがされている。
 さらには数冊の教科書、ノートが消失していた。
 僕にとっては好都合だが、思ったより手を出すのが早い。
 そんなにいじめを邪魔されたのが腹立たしかったのだろうか。
 
 僕は自分のロッカーの有様をスマホで撮影すると、自分の席へと着く。
 それから昼休みまでは普段とさして変わらなかった。
 教科書が消失していた教科の授業で【俺】が多少苦しんでいたが、それくらいのものだ。
 授業に支障が出る程酷い精神状態には設定していない。

 昼休み、屋上にいた5名+他1名が僕の方にやってきた。
 どうやらいじめの対象は完全に彼女から僕にシフトしているようだ。
 大体何をしようとしているのかは察しがつくので、僕は制服の内側の胸ポケットに入れた録音機のスイッチを入れた後、【俺】の方にスイッチを切り替えた。
 あとは裏の方でじっくり観察するとしよう。

「ぐっ!?」

 半強制的に屋上に連れ出された【俺】は、膝の裏を蹴られて四つん這いになる。
 最初は昨日と全く違う様子の僕を多少訝しんではいたが、【俺】が抵抗しないと理解するや否やすっかり安心して事に及ぶようになった。

「よくも俺たちの邪魔をしてくれたなあ!?」
「ごふっ」

 続いて四つん這いになった【俺】の腹を、蹴り上げられた。
 できれば入院しないレベルでお願いしたいところだ。
 本当にやばそうだったら僕が出るけど出来ればしたくない。

「も、もう許して‥‥‥」
「何舐めたことを言ってるんですか?」
「まだまだこれからですよ?」
「う、うぅぅぅぅ‥‥‥」

 結局、昼休みが終わる直前になるまで【俺】は罵声と暴力を浴びせ続けられた。
 【俺】には中々効いていたようだ。
 まあ僕としては入院して時間を取られたり、後遺症が残るような怪我がない限りは問題ない。
 軽い怪我は必要経費であり、重要な証拠でもある。

 午後の授業も特に普段と変わりなく終了し、放課後になった。
 また例の6人がやってきて、今度はトイレに連れ込まれて、同じようなことをされる。
 屋上と違って水をかけられたときは、電子機器を守るために僕を一瞬出した。
 壊れてしまったら今日の努力が水の泡だからね。

 ようやく解放されて、下校しようとすると、昇降口に彼女‥‥‥五十嵐さんが佇んでいた。
 
「わざわざ待ってたんですか?」
「心配で‥‥‥なんだか私のときよりエスカレートしてるみたいだったから‥‥‥ごめんなさい」
「なんで謝るんですか。僕がちっとも精神的ダメージを受けていないのは君なら分かるでしょう。体の傷も大したことはありません」
「でも‥‥‥私の代わりに篠宮君が‥‥‥」
「僕は君にいじめの矛先が向く方が恐ろしいです。だから今のいじめられていない自分を責めないでください。僕が大人しくいじめられてるのだってわざとなんですから」
「そう、なんですか?」
「ええ」

 彼女の観察眼なら僕が嘘をついていない事がすぐにわかるだろう。
 それについてどう思うかはともかく。

「‥‥‥無茶はしないでくださいね」
「もちろんです」
「‥‥‥あの」
「なんです?」
「一緒に帰ってもいいですか?」
「よっぽどのことじゃない限り僕は君の頼みを断りませんよ」
「‥‥‥ありがとう、ございます」

 途中までだが、大した会話もなく2人で並んで歩いた帰路では、確かに温かい感情を感じた。

「魂狩りのダンジョンマスター ~慈悲も容赦も持ち合わせておりません!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く