魂狩りのダンジョンマスター ~慈悲も容赦も持ち合わせておりません!~

カルディ

第31話 王城にて

 
    王城付近に移動し、周りに人がいないことをした後に、僕は外套と皮鎧を脱ぎ、鉄鎧を着て、ちょっとした変装を済ませる。
 武装の方は、衛兵もみんな割とバラバラだったので今まで通りで大丈夫だと思う。
 ‥‥‥わかってはいたが、皮鎧と比べると重くて動きにくい。
 不意打ちを多用する僕にはやはり動きやすい皮鎧の方が合っている。
 今回はどうにもならないが。

 リビングナイフはベルトにさしきれない分は置いていくしかない。
 外套、皮鎧、背嚢も同様だ。
 しかしどこに置いておこうか。
 宿でもとって預けておけばよかったと後悔しつつ、どうするか悩んでいると、いい考えを思いついた。

「リビングナイフ君、君たちに浮ける高度限界ってありますか?」

 そう聞いたら、彼らは持ち手の方を僕に向けて、横に振り始めた。
 さながら首を横に振っているようである。
 どうやら僕の質問に対し「いいえ」と答えているようだ。

「じゃあこれを持って浮けますか?」

 僕が外套、皮鎧、背嚢を指さしながらそう言うと、彼らは外套の下に潜り込んで、自身と一緒に浮かせ始めたが、皮鎧と背嚢には特に何もしなかった。
 皮鎧と背嚢は無理らしい。
 まあ仕方ないかと諦めて、お金をポーチに移し、ランプを回収した後、皮鎧と背嚢は道端に放棄することにした。
 替えは自分のダンジョンに幾らかあるし、損失はそこまで痛くない。
 お金に関してはポーチに入れる関係上、スライムまみれになるのはいただけないが。
 ちなみにランプは夜に城内を巡回する衛兵のふりをするために回収した。

 ベルトにささりきらないリビングナイフと外套には、王城の遥か上空の方に待機してもらうことにした。
 日が出てきたら空に黒い点が浮かんでいると認識されてしまうかもしれないが、空を飛べる人間でもいない限りは盗まれることはないだろう。

 身の回りの整理も終わったところでいよいよ王城への侵入を始めようと思う。
 徹夜になるだろうが‥‥‥気合を入れていこう。
 幸いにしてバルコニー側は正面入り口も裏口もない面なので、特に衛兵は配置されていない。
 夜なので、周りから見られることもないはずだ。

 まずは全身身体強化とボディーエンチャントを発動。
 手持ちのリビングナイフにも付与魔法を行使していく。

 次にジャンプして、手近な一階の王城の窓枠に足をかける。
 このとき、リビングナイフには様々なサポートをしてもらっている。
 飛び出ているかかとを支えてもらったり、バランスを崩さないように背中を支えてもらったりなど。
 浮けるって便利だなあ。

 その後も王城の壁のちょっとした凹凸と、人間離れした身体能力とリビングナイフのサポートによって、壁を登り続け、無事バルコニーに到達。
 ひとまず侵入には成功した。

 後はランプを点けて、衛兵のふりをしつつ、可能な限り内部構造の確認をする。
 そして、頭の中の立体図をより正確にしていく。
 途中衛兵に遭遇することもあったが、特に違和感はもたれなかったようだ。
 特に確認とかもなかったし‥‥‥以外と杜撰?
 まあ僕にとっては都合がいいが。

 そうして、僕は朝になるまで王城を巡回し続けた。
 衛兵の鏡だね、僕が本物の衛兵だったらの話だけど。

 朝になったということで、起きてくる勇者の顔でも確認しようかなと、事前情報によると彼らが泊っているという部屋が面している通路にやってきた。
 何人かはもう出てきているようだ。
 僕は視力を強化し、その容姿を目に焼きつ、け‥‥‥

 僕は体を硬直させる。
 焼き付けるまでもない。
 そこにいた日本人‥‥‥勇者たちは、【俺】のクラスメイトたちだった。
「今すぐここを離れろ![篠宮 努]がいるとバレたら面倒なことになる」
 と、僕の理性が警鐘を鳴らす。
 だが、僕は彼女の姿を探した。
 探してしまった。
 そして、見つけてしまった。
 ‥‥‥僕は視線を外すと、通路を引き返した。
 振り返り際に感じた視線が、気のせいであることを願いながら。

「魂狩りのダンジョンマスター ~慈悲も容赦も持ち合わせておりません!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く