魂狩りのダンジョンマスター ~慈悲も容赦も持ち合わせておりません!~

カルディ

第29話 情報

 
    ある人物に関する情報を得たいとき、一番確実な方法は何だろうか。
 人から聞いて情報を得るのもいいだろうが、一番確実なのはその人物の行動を直接観察することだろう。
 相手が相手なだけにハイリスクな方法ではあるが、後のリスクを考えればやる価値は十分にある。
 と、いうことでその観察対象である勇者がいるという王城付近に来ているのだが‥‥‥
 
「正面突破は‥‥‥無理そうだね」

 視力を強化して、城を観察していた僕は一人そう呟いた。
 当然といえば当然なのだが、警備が厳しい。
 正面入り口と裏口があるのを確認したが、どちらでもしっかり衛兵が目を光らせている。
 隠し扉等があるのかもしれないが、観察したところで見つかるものじゃないだろう。
 
 ‥‥‥お?あそこからなら入れるかな?
 結構高い位置だが、バルコニーがある。
  普通ならあんなところには外からは行けないが‥‥‥僕のフル強化時のスペックを使って、さらにリビングナイフさんに協力してもらえば行けるかもしれない。
 ‥‥‥どうやってバレないように登るか検討しておこう。

 さて、侵入口に目星はついたが問題は内部構造だ。
 例え侵入に成功したとしても、内部の構造が分からなければ勇者を観察するなんていう目標は到底達成できないだろう。
 しかし、いくら外から眺めても内部の構造は分からない。
 かと言って中に入って確かめるわけにもいかない。
 が、こういう情報は別に僕が直接確かめなくてもいい情報だ。
 人から聞いて情報を得ようじゃないか。

 僕は取り敢えず選り好みせずに、王城から出てきた人から片っ端から情報を得る事にした。
 まずは王城から出てきた人をこっそり追跡する。
 そして、出来るだけその人が人気のない場所に移動するのを待つ。
 移動したら、身体強化を使って一瞬で距離を詰め、リビングナイフを対象の首元に当てて抵抗出来ないようにする。
 そうしたらより人気のない場所‥‥‥裏路地なんかに無理やり連れ込んだ。
 その後、連れ込んだ人の手と足をロープで縛って転がし、質問を始める。

「僕は回りくどい話は嫌いです。それを踏まえた上で簡潔に質問に答えてください。王城の中の構造はどうなっているのか。衛兵はどのように配置されているのか。知りうる限りのことを教えてください」
「お前は何者だ!?何のためにこんなっぎゃああああああ!」

 僕は彼の右手の甲に横向きでリビングナイフを突き刺し、貫通させた。

「そちらから質問は受け付けません。もう一度言います。王城の中の構造はどうなっているのか。衛兵はどのように配置されているのか。知りうる限りのことを教えてください」
「誰が貴様なんぞにっ‥‥‥ぐっ、があああああああああああああああ!」

 今度は左手の甲に同じようにリビングナイフを突き刺した後、リビングナイフに宙に浮くように指示を出した。
 手の甲に開いた穴で体重を支えて、手の肉が引きちぎられていくのってどれくらい痛いんだろうね。
 僕は知らないけどかなり痛いんじゃないかな。
 現に叫び声上げて苦しんでるし。
 
 ある程度苦しませたら、リビングナイフと手を地面に下ろした。
 それから、彼は彼の知りうる王城の様子を限界まで喋ってくれた。
 僕は話を元に脳内で地図を組み立てていく。
 ちなみに彼は王城の巡回の仕事を終えた衛兵だったらしい。
 素直に喋ってくれて嬉しいよ、うん。

「もう十分喋っただろう!?そろそろ逃がしてくれ!」
「‥‥‥そうですね、じゃあ逃がしてあげましょうか」

 そう言って、僕は彼の首を切り落とした。

「逃がす場所がこの世とは限りませんけどね」

 声を聞かれ、顔を見られているのに生かすような真似はしない。
 また騒ぎになるだろうが仕方ないだろう。
 
 その後も僕は同じ事を繰り返した。
 人気のないところを通らなかったため捕まえるタイミングがなかったり、中々口を割らなかったりと多少のイレギュラーはあったもののおおよそ上手く出来たと思う。
 
 イレギュラーの一つとして護衛の付いてる人‥‥‥貴族の人だったかな?
 まあちょっと偉そうな人が王城から出てきた時に、詳しい情報を持っているんじゃないかと思って、はりきって護衛を殲滅してから話を聞きだしたのだが、たまたま呼び出されただけで王城について詳しくは知らないという。
 それを聞いて僕がさっさと殺そうとしたら、聞いてもいないのに慌てた様子で色々な王国の関連情報を喋り始めた‥‥‥ということがあった。
 
 具体的には王国の政治勢力、兵力、財力などなど。
 そして、勇者の人数。
 なんと34人もいるらしい。
 嬉しい誤算であり、予め知ることが出来たのは良かったのだが‥‥‥げんなりする人数だ。
 
 僕は嘆息しつつ、得られた情報の整理を始めた。

「魂狩りのダンジョンマスター ~慈悲も容赦も持ち合わせておりません!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く