魂狩りのダンジョンマスター ~慈悲も容赦も持ち合わせておりません!~

カルディ

第22話 1階層目

 
 微妙に下り坂になっている通路を、俺たちは慎重に進んでいった。
 ギルドの情報が正しければ、1階層目に魔物は存在せず、トラップが大量にあるだけだという話だ。
 実際、その話は正しかったのだが‥‥‥話にない事が多くあった。

「むう‥‥‥これは本当にダンジョンのトラップなのか?」

 リーダーが飛んできた矢を飛んできた矢を剣ではたき落としながらそんな事を言った。
 俺がそれはどういう意味かと尋ねるとこう返された。

「皆分かってるとは思うが、このダンジョンのトラップは普通じゃない。恐ろしく正確なタイミングで発動して、俺たちを殺そうとしてくる」
「‥‥‥それとさっきの言葉がどう関係してくるんだ?」
「俺はこのダンジョンのトラップが人為的なものに思えるんだ。他のダンジョンのように適当に配置されたものとは違い、侵入者を妨害する意思をはっきりと感じる」
「まさか、トラップは壁の中に埋まってたんですよ?ダンジョンの壁は破壊不可能なのに設置できるわけないじゃないですか」

 ザックがリーダーの話を即座に否定する。
 基本的にダンジョンの壁は不可能だ。
 そして、ダンジョンのトラップは基本的に壁、床、天井に仕込まれている。
 つまり、ダンジョンのトラップを人間が設置するのは常識として不可能なのだ。

「‥‥‥まあそれもそうだな」

 リーダーもそんなことはあり得ないと思いなおしたのか、少し考える素振りを見せた後、引き下がった。
 俺としてはリーダーが提示した可能性が否定されるのを願いたいところだ。
 職業柄割り切ってはいるけど、人間と殺し合いをするのは嫌だからね。

 その後もマップを頼りにトラップだらけの通路を進み続け、次の階層への階段があると印されている場所へ到着したのだが‥‥‥

「何も‥‥‥ないわね」
「ああ‥‥‥まさかこのマップ、正しくないのか?」

 俺は慌てて何度もマップを見返してみたが、見間違いというわけではなさそうだった。

「まあ落ち着いて状況を整理してみろ。このダンジョンからの生還者は1人しかいなかったわけだろ?それなら間違ったマップが販売され続けていてもおかしくない。マップが間違っていたと報告する人がいないわけだからな」
「確かに‥‥‥でもそれならなんでここまでのマップは合ってるんですかね?」

 完全に偽物だというのなら、ルートもでたらめでなければおかしい。
 まさかたまたま合っていましたなんてことはないだろう。
 何故こんな中途半端なことになっているのか‥‥‥まさか‥‥‥!

「まさか、他の冒険者を騙すために?」
「恐らくは。ギルドもギルドから情報を受け取った俺たちも、既にダンジョンの第1の罠にかかっていたんだよ」
「じゃあ唯一の生還者っていう冒険者は‥‥‥」
「ダンジョン側の手の者だろう。人間か魔物かはともかくな」

 頭が痛くなる話だ。
 まさかダンジョンにダンジョン外で騙されていたとは。
 他のメンバーも顔をしかめている。
 だが立ち止まるわけにはいかない。
 Aランク冒険者率いるパーティーが撤退したとあれば、いよいよこのダンジョンを攻略をしようという者はいなくなるだろう。
 そうなってしまえば街の人の不安は消えないままだ。
 そんな事は、あってはならない。

 その後は、従来通りマッピングをしながらひたすら迷宮を探索することになったのだが、その道のりは中々険しかった。
 いつどこで発動するか分からないトラップを常に警戒しながらの探索は、俺たちの体力と集中力を確実に奪っていった。
 回復のために休憩を取ろうとすると、ガコンッという音がすると共に、斜面の上の方から巨大な鉄球が転がってきて、強制的に移動を余儀なくされた。
 本当に厄介なダンジョンだ。

 幸いだったのは、壁に擬態していた魔物をザックがすぐに見破ってくれたことだろうか。
 彼は魔力を感じ取ることが出来るため、普通の壁と魔力を持っている魔物が擬態している壁を見分けることができたらしい。
 おかげでまた騙されずに済んだ。

 そうしてようやく2階層目へと続く階段を見つけた頃には、俺たちは相当消耗していた‥‥‥いや、リーダーだけはまるで疲れた素振りを見せなかったが。
 階段前ぐらいは休憩できないかと悪あがきをしてみたのだが、結局鉄球に追いかけられるがままに2階層へ駆け込むことになった。

「魂狩りのダンジョンマスター ~慈悲も容赦も持ち合わせておりません!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く