魂狩りのダンジョンマスター ~慈悲も容赦も持ち合わせておりません!~

カルディ

第17話 振り返り

 
    今回は大筋は上手く作戦通りに事を運ぶことが出来た。
 まずは第1階層で撤退とまではいかない程度に消耗をさせる。
 次に第2階層で不意打ちやトラップで頭数を減らし、余裕が出来たら戦士君と剣の練習でもしようというのが大雑把な作戦である。

 全身身体強化による単純な性能差でカバー出来ているが、まだまだ僕は剣の初心者。
 練習もしたくなるというものだ。

 あの神官の光魔法が2階層目と相性最悪ではあったが、不意打ちというアドバンテージを使ってなんとかカバーすることが出来た。
 明かりに障壁、光魔法って便利だね。
 トラップまで使って仕留めきれたが、もしダンジョンの外で不意打ちを仕掛けていたら失敗していた。
 この世界の勇者君が勇者らしく光属性を持っているなら厄介そうだ。

 次に自分自身は剣の練習を始めつつ、火球を出したリーダーには構わずに射手を仕留めにかかった。
 光球と違って火球は広間全体を照らしつくせなかったため、シャドーが動いて妨害していたのだが、あの射手は風魔法を中々に上手く使ってトラップを避ける。
 仕方ないので軽くリーダーの攻撃をいなして直々に仕留めた。
 ここでリビングナイフ君の首張りつきが成功するとは正直思わなかったが、よくよく考えたら明らかに自分に当たらないであろうナイフの行方など気にしない。
 ‥‥‥リビング系の武器しか使ってないせいで自分の常識が[武器はひとりでに動くもの]に書き換えられていたのかもしれない。
 ともかくリビングナイフ君、明かりの確保GJである。

 その後は怒り心頭の戦士君と剣の練習をした。
 彼は無茶な体力の使い方をしていたものの、剣の方は適当な振り方をしていなかったし、しっかりスキルも使っていたため、中々いい練習ができた。
 全身身体強化のアドバンテージとスキルのスラッシュがなければ負けていたと思う。
 まあそれがあった僕と打ち合っている内に、彼はすっかり勢いを失ってしまったが。
 練習にならなくなった時点で、さっさと殺すことにした。

 最後、リーダーの質問に答えたのはただの興味本位である。
 死ぬ前にどんな質問をするかってちょっと気にならないかい?
 彼も「最後に」って言ってたし。
 思ったよりありきたりな質問でちょっとがっかりしたけど。

 ここからは反省点を整理していきたいと思う。

 1つ目は第1階層の第2階層へ続く階段の前でがっつり休憩されたことだ。
 まずダンジョンの仕様として、侵入者に探索された場所の地形やトラップをいじることは出来ない。
 そのため、階段の前に限らず1度探索された場所は安全地帯になってしまう。
 休憩をさせないために、何か追い立てるようなトラップや魔物の導入を考えたいところだ。

 2つ目は魔力の消耗についてだ。
 今のままでは体力は消耗させることはできても、魔力を消耗させることは出来ない。
 体力同様魔力も無限ではないので、なんとか消耗させる手段を講じたいところだ。
 それに伴い2階層目の弱点として発覚した光魔法をなんとかしたいところだが‥‥‥光を出すだけの魔法を妨害しろというのも少し無茶だろう。
 諦めも肝心である。

 反省点はこんなものか。
 今回の防衛戦‥‥‥誘導作戦かな?
 まあどっちでもいいが、今回の作戦の振り返りでは反省点だけでなく、やりたい事も見つかった。
 次はそれをするためのポイント確認‥‥‥リザルト確認をしていこう。

「魂狩りのダンジョンマスター ~慈悲も容赦も持ち合わせておりません!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く