魂狩りのダンジョンマスター ~慈悲も容赦も持ち合わせておりません!~

カルディ

第15話 道中

 
 僕たちパーティーメンバーは、少々早めにギルドに集合していた。
 特にこれといった理由はないが、ガルムが来るときには全員揃った状態でいたかったからね。

「しっかし昨日は楽しみで眠りが浅かったぜ。ダンジョン探索なんて久しぶりだからなあ」
「緊張で眠れなかったんじゃないのか?」
「おいおいそりゃないぜリーダー。こんなことで緊張なんてしてたら冒険者なんてやってられないだろう?」
「ああ、確かにそうだな」

 冒険者の仕事は常に危険と隣り合わせだ。
 討伐依頼を受けて魔物を倒したり、採取依頼を受けて危険な地帯に向かったり。
 時には護衛依頼を受けて、盗賊から馬車を守りながら街から街へと移動することもある。
 多少の危険にいちいち緊張などしてられない。
 まあ未知のダンジョンの探索の危険度が高いことも間違いないのだが。

「すみません皆さん、お待たせしましたか?」
「いえ、そんなことはありません。我々が少々早めに来ただけですから」

 皆と雑談をしていると、ガルムが現れた。
 僕はその少年を改めて観察してみたが‥‥‥特に昨日マリーが言っていた違和感を感じることは出来なかった。

「時間ももったいないので早速出発しましょうか。準備も済んでいるようですし」
「そうですね。どれだけ時間がかかるかも分かりませんから」

 こうして僕たちは街を出て、ダンジョンへと向かった。
 道中は警戒もしつつ、会話をしながら進んでいた。 
 ガルムは最初は遠慮がちに話をしていたのだが、そのうちパーティーメンバーとも普通に会話をするようになっていった。
 ガルムから「自分はまだ田舎から出てきたばかりの駆け出し冒険者ですよ」と聞いたときには驚いた。
 普通ならFランクなのだし、特におかしなことでもないのだが、鎧も剣も使い古されたものだったし、何よりガルムの立ち振る舞いがそれを感じさせなかった。
 僕たちに話しかけてきたときもそうだが、非常に堂々としている。
 「冒険者になるのが憧れでしたから」とか「付け焼き刃ですよ」などと言っているが、冒険者や冒険者ギルドに関連する情報をしっかり集めているし、とてもじゃないがFランクのひよっこには見えなかった。

 ガルムは好奇心旺盛なようで、マリーには「神官はどんなことをしているのか」だとか「教会はどんな組織なのか」だとかとにかく沢山質問をしていた。
 また、僕やゲイル、ミルファにも多くの質問をしてきたのだが、その中には一般常識を問うような質問もあった。
 田舎から来たと言っていたし、知らない事が多いのだろうか。

 僕たちの中でも彼の明るい性格が気に入ったのか、それとも同じ属性だという親近感からか、ガルムはゲイルとよく話をしている。
 今は勇者伝説の話をしているようだが、少年が興味を持っているのは伝説の内容ではなく勇者の行方の方のようだ。
 何故そんなに勇者の行方が気になるのか聞いてみると「勇者の遺産なんて高く売れそうじゃないか」と返された。
 真面目な顔でとんでもないことを言うもんだからつい吹き出してしまった。
 その一方で、道徳には反するが実に冒険者らしい考えだなとも僕は思った。

 そうこうしている内にダンジョンらしき横穴が見えてきた。
 草原の丘にぽっかりと開いたその横穴の中を覗き込むと、その壁や床は石レンガで舗装されていた。
 こんな街から離れたところに廃墟でもないのにある人工物‥‥‥間違いない、ダンジョンである。
 ガルムが嘘をついていなかったことに安堵しつつ、僕たちは気を引き締めてダンジョンの中へと侵入していった。

「魂狩りのダンジョンマスター ~慈悲も容赦も持ち合わせておりません!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く