魂狩りのダンジョンマスター ~慈悲も容赦も持ち合わせておりません!~

カルディ

第11話 魂を糧に

    
    眠りから目覚めた僕は、早速昨日の魂狩りの成果を確認することにした。
 どんなことであれ、自分の成果を見るのは楽しみなものである。
 ダンジョンのステータス画面を開いてみると、ソウルポイントが3128ポイントに増えていた。
 殺した人数が36人程度だったので1人あたりのソウルポイントの値が一般人より低い事が分かる。
 こればっかりはスラム街で魂狩りをする以上仕方ないだろう。
 その分数でカバーすればいい。

 次に僕自身のステータスの方を見てみる。
 すると、スキルが2つ増えていた。
 気配察知LV1と節食LV4というものだ。
 スラッシュとは違い、明らかに技名ではない。
 試しに「気配察知」や「節食」と言ってスキルを使おうとしたが、特に変化は感じない。
 推測するに、これらは常に発動しているパッシブスキルというものではないだろうか。
 名前から予想出来る効果も常に発動していそうな感じだ。
 節食は腹が減りにくくなる、気配察知は気配に敏感になる‥‥‥といった具合に。
 寝ているはずなのに、侵入してきた僕に気づいて起きた住民がいたが、あれは気配察知のスキルで起きたのではないだろうか‥‥‥後で実験してみよう。
 
 そしていきなりLV4になっている節食についてだが、これについても推測は出来る。
 スキルは[経験]から身につくとあの頭の中に響く声は言っていた。
 そしてスラム街の住民は皆[飢える]という共通の[経験]をしていると思われる。
 ということは、スラム街の住民は、ほとんど節食というスキルを持っていたのではないだろうか。
 ここまでの考察が正しければ、僕は節食というスキルを複数食べていることになる。
 つまりは同じスキルを複数食べる事によって、LVが上がるのではないだろうか。
 まあ推測の域を出ないが、検証する余裕もないので今のところはこれで有力説にしておく。
 しかしながらいきなりLV4だとLV1との比較が出来ないのでそこが残念である。
 こんな時はあの頭の中に響く声に質問したくなるが、戻ってこられたらそれはそれで面倒なのでなんともいえない。
 
 さて、成果の確認は一通り終わったので、いよいよダンジョン改造タイムである。
 まずは1階層目が広さの割にトラップが充実していなかったので、侵入者の立場に立ち、どんな配置をされると厄介か考えつつ安めのトラップを設置した。
 1階層目で諦められて帰られるのも嫌なので殺意は控えめである。
 お値段は合計540ポイント。

 続いて1000ポイントを使って2階層目を作り、1階層目の迷宮のゴールに階段を設置して、地形の改造を開始した。
 2階層目の地形は体育館程度の大きさの空間を作って、暗闇を作るために自然に薄光りしているダンジョンの壁をタイルで覆った。
 そして、天井と地面には、例の如く落とし穴とギロチンを採用した他、地面から飛び出す槍や上から振り子の如く薙ぎ払われる鎌などを多めに採用した。
 中々のトラップハウスぶりである。
 壁にトラップを設置できないのは残念だが仕方ないだろう。
 その代わりと言っては難だが切り札のトラップもあるので問題はない。
 地形とトラップのお値段は1040ポイント。

 最後の仕上げに、暗闇にぴったりな魔物を召喚する。
 シャドウという1体500ポイントと少々お高めの魔物だが、暗闇に溶け込めるらしい。
 その能力に期待したいと思う。
 出てきた魔物はパッと見ただの人型の影であった。
 その影は自身の手にあたる影を地面から離した。
 紙と同じくらいぺらっぺらの黒い手の影が空中をひらひらしている。
 そしてその手を影の胴体も地面から離しながらこちらに向かって伸ばしてきたので、僕も手を差し出し握手をした。
 ぺらっぺらではあるが力は確かにあった。
 ぺらっぺらだが、うん。
 先ほど作った2階層目に案内して、やってきた侵入者の妨害をしてほしい旨を伝えると、地面をすべるように移動して暗闇の中へ消えていった。
 一応階層の入り口の階段から光が若干入っているため、目を身体強化すれば広間を若干は見通せるのだが、シャドウ君は見つけられなかった。
 中々しっかり溶け込んでいらっしゃる。
 実戦でも期待したいところだ。

 こうして残りのソウルポイントは48ポイントになった。
 あっという間に溶かしてしまった。
 だがこうして中々いい階層が出来たのではないだろうか。
 明かりを持っていないとそもそも進めないだろうし、明かりを持ってきていても、せいぜいこの文化レベルでは松明程度だろう。
 それではあの広間全体を完全に照らす事は出来ない。
 ちょっとした暗がりからシャドウさんに足を引っ張ってもらったりして、転んだところにトラップを発動させればお陀仏である。
 それに街で買ってきた外套は黒色なので、あれを纏えば僕も多少は擬態できるだろう。
 そろそろこのダンジョンの情報を広め始めてもいいだろうかと考えつつ、僕は街へ出る準備をし始めた。
 

「魂狩りのダンジョンマスター ~慈悲も容赦も持ち合わせておりません!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く