魂狩りのダンジョンマスター ~慈悲も容赦も持ち合わせておりません!~

カルディ

第5話 最初の獲物

 
 ダンジョンに入った俺たちは、一攫千金のチャンスに心踊っていた。

「未確認のダンジョンが見つかるだなんて運がいいっすね!」
「ああそうだな。何せ探索に入るのは俺たちが最初だ。情報だけでも相当な金になるはずだ」
  
 俺たちは最近冒険者ギルドに登録した駆け出しの冒険者だ。
 薬草の納品クエストを受けた俺たちは、ロルムの街を出発して、近くの草原の探索を始めた。
 途中、魔物の襲撃などもあったが、順調に薬草を集めていると、丘の斜面に穴が空いているのを見つけたのだ。
 覗いてみると、石レンガで覆われた空間が現れたのを見つけて、俺たちは歓喜した。
 ギルドに情報のないダンジョンを見つけたのだ。
 位置情報を持ち帰るだけでも報酬はあるだろうが、攻略して内部情報を持ち帰れば、大金とまではいかないがかなりの金になる。
 入口に兎の魔物の死体が放置してあったのには驚いたが、ダンジョンでは何が起きてもおかしくない。
 危険だが、失敗を知らない俺たちに恐れは無かった。

「しっかしロックさん。このダンジョンは広いっすねー」
「そうだな、カル。だがその分お宝も期待できるぞ?」

 ダンジョンのお宝の質は難易度に比例する事が多い。
 だから、いくら広くても危険がないなら大歓迎である。
 大歓迎ではあるのだが‥‥‥このダンジョン、いくらなんでも危険がなさすぎる。

「う~ん‥‥‥このダンジョン、何か妙じゃないか?」
「何がっすか?」
「そこそこ広いダンジョンなのに魔物が一匹たりとも現れねえ。トラップもねえ。何かが動いてる気配は感じるんだが」
「気にすることないっすよ、奇妙なダンジョンなんていくらでもありますし。このダンジョンはこういうものなんじゃないっすか?」
「‥‥‥そうだな」

 口ではそう言いつつも俺は言いようのない違和感を感じていた。
 普通のダンジョンと何かが決定的に違うような‥‥‥
 俺はそれを頭の隅に追いやり、仲間と情報共有をすることにした。

「おいダック、ちゃんとマッピング出来てるか?」
「は、はいっ。実は少しおかしいところがありまして‥‥‥」
「何?お前がミスしたんじゃないだろうな?」
「ミスなんてしてませんよ!ただ、壁が消えたり現れたりしてる場所があるんです」
「それは何処だ?」

 もしかしたらそれが違和感の正体かもしれないと思い、突然現れたという壁の元へ向かう。
 そして、問題の壁を調べようと近づくと、天井から毒霧が散布され始めた。

「おっと、危な‥‥‥おいダック!後ろに何かいるっすよ!」
「え?がはっ‥‥‥」
「ダック!」

 毒霧から逃れようとして後ろを向くと、最後尾のダックが後ろから何かに忍び寄られているのが見えた。
 カルが気付いて危機の接近を知らせたが間に合わなかったようだ。
 ダックの目からみるみる生気が失われていく。
 腹のあたりに剣を突き刺され、血だまりを作り続けるダックの体の背後にはやや小柄な人影が見えた。

「くそッ!この野郎!」
「馬鹿っ、慌てるんじゃねえ!」
「あれ?地面がっ、ぎゃああああぁぁぁぁ!」

 人影に剣で襲いかかろうと飛び出したカルは、冷静さを欠いていた。
 そのせいか、足元に出現した落とし穴をよけることが出来ず、剣山に突き刺さった‥‥‥痛みに雄叫びを上げながら。

 とうとう、最後の一人となった俺も剣を構えた。
 退路は毒霧に塞がれているため、あの人影を倒す以外に道はない。
 その人影はダックの体から剣を抜くとその姿を完全に表した。
 俺は奴の目を見て身震いした。
 おおよそ人に向ける目じゃなかった。
 一切の感情がこもっていない、ただの物を観察しているような目だ。
 俺は一瞬怯んだものの、すぐに持ち直す。
 確かに奴の力は未知数だが、俺は戦闘には自信があるのだ。
 駆け出しとはいえ、伊達にチームリーダーをしているわけではない。
 奴に向かって走り出すと、真上からギロチンの刃が降ってきた。
 それと同時に、奴も俺の胸めがけて剣を突き出してくる。
  
「スラッシュ!」

 俺が剣を振り下ろしながらそう言うと、強化された斬撃がギロチンと奴の剣を一振りで弾き飛ばした。
 奴は少し驚いたような表情を見せた後、武器を失ったからか通路の奥へと逃げて行こうとする。

 俺は奴を逃がすまいと追いかけようとして、弾いた奴の剣の横を通り過ぎると、突然、胸に焼けるような痛みが走る。

「な、なんで剣がひとりでに‥‥‥」

 俺の胸には弾いたはずの奴の剣が刺さっていたのだ。
 俺が欲を出してダンジョンに入った事を後悔していると、奴が剣を回収しに近づいて来た。
 薄れゆく意識の中見た奴の顔には、薄く笑みが浮かんでいた。

「魂狩りのダンジョンマスター ~慈悲も容赦も持ち合わせておりません!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く