魂狩りのダンジョンマスター ~慈悲も容赦も持ち合わせておりません!~

カルディ

第4話 ダンジョン改造計画

 
 戦闘を終えて、休憩したいところだがそうも言ってられない。
 何せこのダンジョンはまだただの横穴なのだ。
 侵入者を撃退出来るようにしなければならない。

 ということで、ダンジョンの改造に着手していこうと思う。

『ダンジョンの改造の方法を教えましょうか?』
「是非お願いします」

 俺は気を利かせてくれた頭の中の声に手早く返事をする。
 実は既にどんなダンジョンにするか考え中なのだが。

『では最初にダンジョンのステータス画面を開いてください』

 俺は前にやったのと同じようにしてダンジョンのステータス画面を開く。

『この画面を開いたまま、ダンジョンコアに触れて作りたいダンジョンの形をイメージをすれば、それに見合った量のソウルポイントを消費して現実に反映します。ただし、この方法は地形作りにしか使えません』

 ふむふむ、意外と地形は簡単に変えられるんだな。
 試しに通路の壁に分かれ道を10メートルほどの長さで作ってみる。
 すると、ソウルポイントが1減った。
 どうやら燃費もいいようだ。 

『では次にステータス画面でカスタマイズと言ってみてください』

「カスタマイズ」

 するとダンジョンに設置出来るトラップや魔物などの、改造リストが表示された。
 消費するソウルポイントも一緒に載っている。
 例えば[階層拡張:1000ポイント]といった具合だ。
  
 リストを一通り眺めた後、俺はダンジョン一階層目の構想を固めたので、ステータス画面に戻って、早速地形を作り変え始めた。

 俺はダンジョンの範囲内を全て迷宮に作り変えた。
 階層の範囲は大体1平方キロメートルぐらいらしい。
 明かりも必要かと思ったが、ダンジョンの壁は弱く発光しているらしく、視界の確保は問題なかった。
 ちなみにダンジョンコアがある部屋は移動させることが出来たので迷宮の最奥地にした。
 ここまでで412ソウルポイントの消費である。

 次に魔物を配置する。
 今回配置するのは一体20ポイントのウォールゴーレムだ。
 戦闘能力は一切無いが、様々な壁に擬態する事が出来る。
 こいつを5体配置して、迷宮の構造を変化させてもらう予定だ。

 最後にトラップだ。
 トラップは主にウォールゴーレム君を守るために使おうと思う。
 いくら壁に擬態出来ても壁が消えたり現れたりしたら怪しさ満点だろう。
 そこで、ウォールゴーレム君を観察させないために、毒霧トラップをウォールゴーレム君の配置場所の手前に設置するのだ。
 ウォールゴーレム君は無機物系の魔物だから毒は効かないだろう。
 毒霧からの逃走経路を予想して、剣山付きの落とし穴やギロチンも設置しておく。
 トラップの発動条件は任意と自動があったが、任意に設定する。
 出来るだけ侵入者を引きつけてから発動させたい。
 仕上げに入り口に侵入者を知らせるセンサーを設置して、反応したら脳内に直接連絡が来るようにしておいた。
 便利なトラップもあるものである。
 ここまでで残り178ポイント、だいぶ使ってしまった。

 ウォールゴーレム君に配置場所の指示がしっかり伝わるか心配だったが、問題無いようだ。
 声を出さずとも思考で指示を出せば伝わるようである。
 まあ声で言っても伝わるが。
  
 ついでに付与魔法をウォールゴーレム君に試してみた。
 直接手で触れて、自分の魔力を流し込み、活性化させる。
 相手の体の中で身体強化を使うイメージだ。
 ‥‥‥見た目はあんまり変わらないが堅そうになった気がする、きっと、多分。
 試してみて分かった事だが、付与魔法は永続ではないらしい。
 永続強化だったらかなり使える魔法だったんだが‥‥‥ちょっと残念。

 さて、最後の問題は俺の武装である。
 戦闘用の魔物が居ないため、俺が戦わなければならない場面が多くあるだろう。
 そこで丸腰というのは心もとない。
  
 そんな理由でリストを眺めていると使えそうな魔物を見つけた。
 リビングソードという魔物だ。
 魔物だけどソードだし、剣だし、使えるよね?
 と、思って召喚してみた。
 ちなみに150ポイントである。

 出てきたのは刃渡り60cmほどの両刃の普通の鉄剣だ‥‥‥浮いている事を除けば。
 浮いているだけかと思ったらふよふよと移動し始めた。

「君を装備してもいいかい?」

 そう言ったらこっちにリビングソードが向かって来た、刃の方から。
 思わずビビって身体強化を使ってしまった。
 リビングソードは俺に突き刺さる前に静止すると、申し訳なさそうにふよふよと柄を差し出してきた。
 どうやら悪気は無かったようだ。

 何はともあれダンジョンの改造はひとまず終了である。
 住処の安全を確保したところで飯をどうしようかなどと考えていると、侵入者を知らせる連絡が入った。
 俺は侵入者を始末するため、躊躇わないようにするため、スイッチを切り替えた。
  
  
  
  

「魂狩りのダンジョンマスター ~慈悲も容赦も持ち合わせておりません!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く