廃課金ゲーマーの異世界ライフ〜何処へ行っても課金は追ってくる〜

こう7

プロローグ


照らす太陽が否応にも意識を覚醒させていく。

「え…。」

思わず零れた情けない声。
でも、仕方ないと思う。さっきまで目にしていた景色から違う景色へと一変したのだから。
チリチリと肌を暑くさせるありえない感覚に戸惑いつつも先程までの事を思い出す。




仕事終わりで明日から土日の連休。
晩御飯をコンビニ弁当で簡単に済ます。
そして、すぐさま1LDKのマンションから『セーフティアオンライン』という名前とは裏腹に理不尽を謳い文句にした様なゲームの世界へ向かう。
28歳のサラリーマン体型から見た目10代前半の若々しい魔法剣士ユウへと早変わり。ログイン場所は拠点である天空城。外装だけで現金20万超えしてまで造り上げた力作。
そんな天空城での最近の日課は内装工事。
そう外装だけは課金もあってか立派な造りとなれたけど、真の完成まではまだまだ程遠い。
このゲームの仕様が憎たらしいからだ。
拠点の外装内装の建築素材は二通りの方法で入手出来る。一つは、セーフティアの世界に出没するモンスターを討伐してドロップする素材を加工屋で1000z(ゼニー)で建築材にしてもらう。
そして、もう一つがリアルマネーを支払って建築材を購入する。

無課金で建築するのであればモンスターを討伐して建築材にしていくのが定石。しかし、加工屋で支払うゲーム内通貨は素材を売る事で手に入る。通貨を貯めるには狩った素材を売るしかないけど、建築材にも加工してもらわなければならない。しかも、素材から武器とか薬も作れるからもう大変。最終的に諦めて課金して建築材を得ようとする事となる。

この無駄に時間と金を掛かる仕様は建築に限ったことではない。自身のキャラや配下達のキャラメイクにも課金を促す仕様となっている。
例えばキャラの種族選択肢では人族、ドワーフ族、エルフ族、魔族、ランダムとある。種族が4種類しかないと思うがそうではない。公式に載っている種族数は3桁近くある。ではどうやって他の種族を選べるかと言うと、300円支払う事で選択可能なランダムでレア種族を得る事が出来る。
但し、望んだ種族になれるとは限らない。下手したら虫族なんて訳分からない種族になるかもしれない。だから、もう一度300円を投入してしまう。

この時点で無課金勢の殆どが心折れていく。更には配下システムでも課金の影響が大きく出る。配下は最大で100人作れる、けれど無課金で作れるのは30体まで。
課金勢と確実に開くシステムに運営へ抗議する者が多く出た。しかし、運営側は鼻で笑うかのように「だったら課金すれば?」と懇切丁寧に返信していた。


重度の搾取性が無ければ自由度の高さから神ゲーと呼ばれるはずなのに。
こんな強気な運営の態度に辞める者は続出した。


けれども、俺は辞めなかった。
だって自分が理想とするカッコ良かったり可愛かったり綺麗だったりなキャラや拠点をお金さえ知らんぷりすれば何処までも繊細に作れるのだから。


鬼畜課金なセーフティアを始めてからおよそ2年。
配下は100人までしっかり作成し終えた。配下を誕生させつつ並行して拠点も頑張って建てました。
最初は一人だったけど徐々に生産職系の配下も生んで一緒に頑張った。配下達は固定された台詞しかなく指示通りだけ動く存在ではあるけど寂しくない、むしろ自分の理想を体現したキャラ達に囲まれて幸せでした。
これだから止められない。

そして、本日ようやくお城には必ずある玉座の間の内装が完了した。
我らが天空城に相応しく厳格な雰囲気漂わす玉座。配下の半分と一緒に討伐した地帝龍の大骨やその他の龍の皮やらで作りました。

余りの出来栄えに鼻から息がムフンと出る。
早速座ってみよう。

座った感触はどうしても現実との差異はあるけどもここまで掛かった金額を思えば感慨深いものがある。
一緒に作っていた配下達や側に控えていた筆頭配下のアイリスは俺が玉座に座った影響か敬うように跪いている。

ちょっと王様になった気分。

次は寝室作成だけどもう少しこの余韻を楽しもう。
そう思い俺はふと瞼を閉じていく。



ようやく目を開けて見れば冒頭。

何処までも続いてそうな枯れた大地に点々とだけど存在する緑。
いつの間に空から地上へ落ちたのだろう?
玉座に座ったら強制的に拠点から排出される仕様でもあるっけ。

あの運営ならなにやるか分からない。
ぶつぶつ文句を言いながら拠点に戻る為にメニューを開く。
メニュー操作は思考でカーソルを動かすだけ。
拠点に戻る方法はメニュー欄からマップを表示して拠点と表示された場所にカーソルを動かすよう念じればいいだけ。
と言う訳でマップ開きまして…………あれ?


拠点が見当たらない。
というよりも自分を示すマーカーとその周辺以外に何も表示されていない。
地名すら記されていない。

どうなっている?

疑問が吹き出て混乱が蠢く。
強制アップデートでもあったとか?

「よく分からないけどひとまずログアウトしよう。」

もしかしたら運営から何か発表があったかもしれない。そうと考えれば急いでメニュー欄からログアウトを探す。



ログアウトが見つからない。





「廃課金ゲーマーの異世界ライフ〜何処へ行っても課金は追ってくる〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く