神に進化したので世界で最強になりました

アスラル

第28話森の中で迷子



どうも
俺は神楽連って言います。
今は神様やってます。
そして、俺が今居る場所は……

見たことも無い森の中です。


「ヤバイな…。て言うかどうしたら
 迷子になっちゃうんだよ!
 おい!シエル!なんとか言えよ!」

と俺は盛大に言った。


《…………え~と……。
 す  すみません!ちょっと手元が狂ってしまって……》

はぁ?
全然、笑えないんだけど?
全くこれだからシエルは……。
これからは気を付けろよ。

《はい!マスターは優しいのですね!》

な!
や  優しくないし!
よくこんなに恥ずかしい事を言えるもんだな!

今の俺の顔は、耳まで真っ赤だ。
俺は顔を隠す様に両手で顔を隠した。

「クッソ恥ずかしい!!」

《そんなマスターも私は大好きですよ!》

ま   まぁこの話は終わりにして、と。
アイツらと速く合流しないとな。
なぁシエル、アイツらの位置分かるか?

《はい  マスターから少し離れていますけど
 マスターなら1週間も有ればつける距離
 ですよ》

そうなのか
たったの1週間でな。
1週間ね~
1週間………
1週間……


はぁ?!
そんなにアイツらと離れてんのかよ!
おいおいマジかよ!
どうしたらそんなに離れられるんだよ!
これも全部シエルのせいか。
はぁぁ
めんどくさい。
でも、探しに行かないとだからな~。
行くか!


そんな感じで俺は謎の森の中を
歩いた。













歩いていて俺はあることに気がついた。


それは……。



「全然疲れないんだけど!?」


そう俺は神になったから疲れると言うものが
無くなったのだ。


「何て言うか疲れたいんだけど……」


俺はまだなにも自分の体の事を
知らないと言うことをこの瞬間
知った。










                END



すみません!
今回短すぎました!
ホントにごめんなさい!


「神に進化したので世界で最強になりました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く